悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ36話最新話と感想!助けを呼ぶ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」36話のネタバレと感想をまとめてみました!

隠し部屋のクエストをクリアし、ヴィンターのお店を出たペネロペ。

帰るための馬車を頼むことを忘れたことに気付いてショックを受けていました。

「悪役のエンディングは死のみ」36話のネタバレと感想を紹介します。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ36話最新話と感想!助けを呼ぶ

どうやって帰る?

ヴィンターのお店に来るときは、瞬間移動をして来ました。

エカルト家の人に街へ出たことがバレないために早く帰らなければいけませんが、徒歩で帰るには少し距離があります。

 

馬車を捕まえようと大通りに出ると、エカルト家の紋章の入っている鎧を着ている人が取り締まりを行なっているのに気づきました。

この辺りはデリックが仕切っている場所です。

街に出ているのがバレるかもしれないと焦りましたが、しばらくすると案の定デリックが現れました。

 

仮面をつけているためデリックにはバレないだろうと思い、こっそり大通りに出ます。

すると、デリックが振り返り、ペネロペだと完全にバレてしまいました。

 

ペネロペはヴィンターのお店へ走り、扉を開けて「助けて」と叫びます。

ヴィンターにエカルト家の目の前の通りに連れて行ってとお願いしました。

 

助けを呼ぶことはないと言いながらヴィンターのお店出たのに、早速その権利を使ってしまってペネロペはとても恥ずかしそうです。

しかし、デリックに外出しているとバレるわけにはいきません。

ヴィンターの魔法でエカルト家の近くへ瞬間移動しました。

今後は関わらない

瞬間移動をお願いしたことで、クエストの報酬でもらったヴィンターの助け1回の権利はちゃんと消費されています。

ヴィンターが今度も自分のお店を利用してくれるのかとペネロペに尋ねました。

ペネロペは今後関わることがあるかどうかわからないと冷たく答えます。

 

ペネロペはヴィンターが魔術師であるという秘密を知っていますが、ヴィンターはまさかバレているとは思っていません。

一緒にいたとしても良いことはないので、最後まで知らないふりをする方が得策です。

 

ペネロペはさようならとヴィンターに言いました。

ヴィンターはペネロペからのプレゼントを渡したあと、ペネロペにメッセージがあれば伝えに来ても良いかと尋ねます。

 

ペネロペはヴィンターにいいえと冷たく言い放ち、ヴィンターの前から立ち去りました。

好感度は13%から15%に上がっています。

バレた

ヴィンターと別れた後、エカルト家の抜け穴を探しました。

見つけたと喜んでいるところで、後ろからペネロペを呼ぶ声が聞こえます。

 

その声はデリックでした。

ペネロペはとても焦り、デリックの顔を見れません。

悪役のエンディングは死のみネタバレ36話感想

ペネロペのヴィンターのあしらいっぷりがすごいですね。

ヴィンターの発言や行動で、ペネロペにもうちょっと親密になりたいっていう意思が感じられるのですが、ペネロペは全部冷たく跳ね返しています。

 

ペネロペは、もう関わりたくないし、関わってこないで、ということをヴィンターに態度で示していたように見えました。

ヴィンターに助けを求める権利も本当は使うつもりはなかったようですね。

デリックに見つからないようにするために、仕方なく使ってしまいますが。

 

せっかく15%まで好感度が上がったのに、攻略候補から完全に外してしまうのはもったいない気もします。

まぁでも、ヴィンターが隠してる事実を知りながら親密になるのはやりにくそうですし仕方ないのかもしれません。

 

それに、ヴィンターに近づくのはちょっと怖そうですしね…味方につけたら心強いんでしょうけど。

イクリスとはちょっと違う方向の怖さを感じます。

 

最後は、街に出ていたことをデリックに結局バレてしまいますがどうなるんでしょう?

ペネロペはバレたら食事がまともにまた食べれなくなるかもしれないと震えていましたけど。

食事がまともに食べられなくなることはなさそうですけど、怒られそうとは個人的に思います。

悪役のエンディングは死のみネタバレ36話最新話と感想!助けを呼ぶまとめ

今回は漫画「悪役のエンディングは死のみ」36話のネタバレ、感想をご紹介しました。

家へ帰るところでデリックにバレそうになり、ヴィンターに魔法で近くまで飛ばしてもらったペネロペ。

家に入る抜け穴を見つけ、デリックに結局見つかってしまったところで、36話は終了です。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!