悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ5話最新話と感想!誰を攻略する?

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」5話のネタバレと感想をまとめてみました!

 

レナルドの好感度があがって一安心した主人公。

1度でも選択を誤ると命を落としかねないペネロペ・エカルトの人生に身震いします。

この世界で生き抜くために、現時点で知っている情報をまとめ始めました。

「悪役のエンディングは死のみ」5話のネタバレと感想を紹介していきます。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ5話最新話と感想!誰を攻略する?

2人の義兄

1番上の長男は紺色の髪を持ち冷酷な性格のデリック・エカルト。

後継の教育で手が離せないため、ペネロペには無関心。

しかし、実の妹の居場所を奪ったペネロペのことを軽蔑視しています。

 

次男はピンク髪のレナルド・エカルト。

口が悪く気も短いという性格で、ペネロペのことを目の敵にしています。

 

こうして、2人のことをまとめてみると、過去に主人公のことをいじめていた2人の兄に似ているなと主人公は思いました。

ノーマルモードでは、実の妹の立場でプレイするのでこの2人が1番攻略しやすく、恋愛ではなく仲良くなることがクリア条件です。

 

ハードモードでは、血の繋がっていないペネロペの立場なので、ノーマルモードとは違う展開があるかもしれませんが…。

主人公はこの2人を攻略することは視野に入れていません。

 

2人の兄のうち1人はマイナススタートなので、早めに手を引けということだろうと主人公は思いました。

それに加え、主人公は兄という存在にはうんざりしています。

他の3人の攻略候補

次はイオカ帝国の皇太子であるカリスト・レグリス。

カリスト・レグリスは人の命を何とも思っていない暴君です。

ノーマルモードでは、実の妹であるイヴォンと出会い、カリスト・レグリスが徐々に変わっていく展開でした。

 

ペネロペに対しては厳しく処罰するのでノーマルモードでは正義を貫いたと言えますが、ハードモードでは恐ろしい存在です。

実際、ハードモードをプレイしていた時は、この皇太子によって命を落とす割合が1番多く、ストーリーが全く進みませんでした。

この皇太子には、近づかない方が良さそうです。

 

次は、侯爵でも魔術師でもあるヴィンター・ベルダンディ。

自分の身分を隠しながら、情報や裏取引を扱う店を運営する変わり者です。

ノーマルモードでは、イヴォンの正体を暴いた人物でした。

 

ペネロペが何か動こうとする度に、持ち前の情報力でイヴォンのことを守っています。

イヴォンのイオカ帝国での名声を上げる手伝いもしていました。

 

紳士的でイヴォンに尽くす人物でしたが、ハードモードではヴィンター・ベルダンディと深く関わる前にゲームオーバーになっていたため、あまり情報がありません。

そのため攻略するかどうかは保留としますが、義兄や皇太子の3人よりは見込みがありそうです。

 

そして最後の1人は、イクリスです。

この人物は、元々は貴族でしたが国が滅びたため、奴隷となっていました。

 

剣の腕を認められ、騎士見習いとして公爵家に入っています。

公爵に高値で買い取られ、ノーマルモードでは最少年のソードマスターとなり爵位も与えられました。

 

5人の中では1番期待できる人物です。

最後の最後まで、ペネロペに対し同情の気持ちを持っていた唯一の人物で、イヴォンに嫌がらせするペネロペを止めるのにもあまり積極的ではありませんでした。

ハードモードでは、一度も会っていませんが、この世界で生きるためには1番良い攻略対象です。

主人公の決意

ハードモードをプレイしていた時はなかなか先に進まなかったので、知っている情報はこの程度です。

しかも、これらの情報があったとしてもハードモードでどこまで通用するかわかりません。

 

しかし、ハードモードを進める上で確かなことは2つあります。

キャラの好感度をマイナスに決して落としてはいけないということ。

ペネロペの成人式を迎えるまでにゲームをクリアしなければいけないということ。

 

本物の公女であるイヴォンは、ペネロペの成人式の日に帰って来ます。

ノーマルモードは、ペネロペの成人式に帰って来たところから始まるので、ハードモードの舞台はその少し前のタイミング。

 

それまでにペネロペでのエンディングを迎えなければ、攻略キャラたちはペネロペの命を奪おうとするはず。

つまり、偽物の公女であるペネロペは、本物の公女イヴォンによって全てを失います。

 

5人の中の1人を攻略することが出来なければ、最後には必ず命を落とすということ。

主人公は、そんな結末は絶対に迎えたくないと強く思います。

 

やっとあの窮屈な家から出たのに、こんなところで人生を終わらせるわけにはいきません。

何としても生き延びて、元の世界に絶対に帰ると決意しました。

 

すると、ドアを叩く音が聞こえ、使用人がドアを開きます。

公爵がペネロペのことを呼んでいると伝えられました。

この人は誰なんだろうと、主人公は不思議に思っています。

悪役のエンディングは死のみネタバレ5話感想

このゲームで攻略できるイケメンの詳細がついに明かされましたね!

今までは、あまりそれぞれの人物について触れられていなかったので、どんな人が攻略対象なのだろうと少し気になってはいました。

 

ノーマルモードではなかった恋愛展開がペネロペと義兄の間でありそうですが…、主人公はそんなこと望んでいなさそうですね。

個人的には、血の繋がっていない兄弟と恋愛関係になる展開見てみたいですけどねー!

でも、育った環境もあるので主人公はかなり嫌そうですし、その展開の流れに入るのもとても大変そう。

 

皇太子のカリスト・レグリスは絶対近づかない方がいいって、読者の私でも思います。

イヴォンなら良いですが、ペネロペで近づくのはリスクが高すぎます…。

カリスト・レグリスに命を奪われないようにして欲しいですね。

 

他の2人はあまり情報がありませんが、イクリスは攻略しやすそう!

唯一、ペネロペのことを庇っているように見えるので、ペネロペとどういう出会い方をしてどう仲良くなっていくのか期待ですね。

 

最後は侯爵に呼び出されて終わりですが、一体何の要件なんでしょうね?

少し怖いです…!!

悪役のエンディングは死のみネタバレ5話最新話と感想!誰を攻略する?まとめ

今回は「悪役のエンディングは死のみ」5話のネタバレと感想を紹介しました!

2人の兄である、冷酷なデリック・エカルトと気の短いレナルド・エカルトを攻略対象としては視野に入れないこととしました。

そして、暴君であるカリスト・レグリスはもっての外で、近づけば命を落としかねません。

 

他の2人、侯爵で情報屋のヴィンター・ベルダンディは保留とし、奴隷からソードマスターとなるイクリスが1番攻略しやすそうです。

5人を情報をまとめ、ペネロペを公爵が呼んでいることを知り、5話は終了です。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!