悪役のエンディングは死のみ

悪役のエンディングは死のみネタバレ6話最新話と感想!呼び出された理由

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪役のエンディングは死のみ」6話のネタバレと感想をまとめてみました!

ゲーム中で攻略できる5人についてまとめた主人公。

まとめ終わったところで使用人が部屋に入ってきます。

 

公爵がペネロペのことを呼んでいるようですが、どんな要件なのでしょうか?

「悪役のエンディングは死のみ」6話のネタバレと感想を紹介していきます。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

悪役のエンディングは死のみネタバレ6話最新話と感想!呼び出された理由

チャンス

ペネロペの許しを得ずに部屋に入ってきた使用人に対し、非常識だと主人公は思います。

失礼な使用人に主人公は怒るべきかどうか迷っていました。

 

しかし、このゲームの世界では選択肢がなければ怒ることもできません。

怒る選択肢ではなく、3つの選択肢のうち公爵の呼び出しに応じる選択肢を選びました。

公爵で呼び出されたのはちょうどいいチャンスです。

名門大学に合格した

主人公は、名門大学に合格して父親に報告した時のことを思い出しました。

合格したという報告には喜ぶ様子もなく素っ気無い反応をされています。

父親は仕事中でその手も止める様子もありませんでした。

 

その反応に少しショックを受けましたが、父親の喜ぶ顔が見たくて名門大学に合格したわけではありません。

1人暮らしをしたいとお願いし、父親は承諾してくれました。

 

やっと、地獄のような生活から抜け出せるのです。

主人公はそのために一生懸命勉強して来ました。

存在すら認めてくれない人たちに愛情を求めても無駄なのですから。

公爵の部屋へ

公爵に会うためにペネロペのことを呼び出しに来た使用人について行きます。

公爵の部屋に向かっている間、仕事をしているメイド達に冷たい視線を向けられますが、主人公は元の世界で慣れていました。

 

使用人が公爵の部屋のドアを叩き、公爵の許しを得た後、部屋に入りました。

公爵は仕事をしているようですが、名門大学合格を報告した時の父親と姿が重なります。

主人公は、公爵に対し敬礼しました。

公爵と会話する

新たに3つの選択肢が出てきて、公爵に話しかけます。

公爵は、今朝の朝食事件について気にしているようでした。

 

また選択肢が出て来ますが、ひどい選択肢に主人公は呆れます。

公爵の実の娘に似た、薄いピンクの髪とエメラルドグリーンの瞳を持っていれば、公爵がペネロペに対し情けをかけてくれたかもしれません。

 

ゲームをプレイしていた時は、挑発的な選択肢を選んでしまいました。

なぜ、前はそんな選択肢を選んでしまったのかわかりません。

今回は、この選択で合っていることを祈りながら、無難な選択肢を選びました。

 

公爵は机をバンと叩き、立ち上がります。

ペネロペがエカルト家に来て6年経ったと公爵は言いました。

 

ペネロペが12歳の時に来ているので、今年は18歳になる年です。

この世界で成人式を行うのは18歳の誕生日。

成人式の日に本物の公女であるイヴォンが帰ってくるので、あまり時間がないことに主人公は気付きました。

隠しクエストクリア

公爵は話を続けます。

エカルト家に入ることは、エカルト家の役に立つ人間だけが許されると言いました。

 

公爵は、ペネロペに対し支援を惜しまず、贅沢をしてもこれまでは何も言って来なかったと言います。

ペネロペはエカルト家のために何をしたのかと聞かれました。

 

選択肢が3つ出てきます。

主人公は迷わず、土下座して公爵に謝る選択肢を選びました。

その行動に公爵はびっくりした様子です。

 

謝りながら、公爵のことをお父様と呼びました。

その言葉に、公爵はさらにびっくりしたようです。

すると、隠しクエストである「失われた父の名」がクリアされたと出て来ました。

 

さらに、選択肢をオフにするかどうか問うメッセージが出ます。

これは、ゲームをプレイしていた時には気になりつつも使わなかった機能でした。

悪役のエンディングは死のみネタバレ6話感想

全話で使用人がペネロペの部屋に、許しを待たずに入ったことは確かに失礼な使用人だと私も思いました。

公爵の部屋に入る時には、ちゃんと許しを得てから入っているので、この使用人もペネロペのことはあまり良くは思ってないようですね。

朝食事件のメイドのように変なことはしてきませんが。

 

主人公は公爵に呼び出されたことはチャンスだと言っていますが、何を企んでいるんでしょうね…?

過去の話で、1人暮らしを父親にお願いしているので、何かそれに付随することをペネロペの立場で公爵に頼むのでしょうか。

 

公爵の姿は初めて見ましたが、年は取っていてもイケメンな面影がある素敵な男性です。

ペネロペに対し、厳しい態度なので少し怖いですが…。

 

公爵がペネロペを責めると、土下座して謝る選択肢を迷わず選んだのには少し笑いました。

公爵のことをお父様と呼び、隠しクエストがクリアされましたが、公爵はこれまでペネロペにお父様と呼ばれたことがなかったのでしょうか?

そう呼ばれてかなりびっくりしているようですし。

 

最後に出てきた、選択肢をオフにするかを問うメッセージ。

この機能を使えば、主人公は自由に発言することができるようになるんでしょうかね?

プレイしていた時は使わなかったようですが、ゲームの世界に入った今、この機能を使うのかどうか見ものですね!

悪役のエンディングは死のみネタバレ6話最新話と感想!呼び出された理由まとめ

今回は「悪役のエンディングは死のみ」6話のネタバレと感想を紹介しました!

主人公は、公爵の呼び出しに応じました。

公爵の部屋に入ると、ペネロペはエカルト家のために今まで何もしてきていないと責められます。

 

主人公は後の選択肢で、土下座して謝る選択肢を選び、公爵のことをお父様と呼び謝りました。

そして隠しクエスト「失われた父の名」をクリアして、6話は終了です。

悪役のエンディングは死のみネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!