ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第34話最新話と感想!精霊についての衝撃の事実

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第34話のネタバレと感想をまとめてみました!

まもなく戦争が始まる為、鉄鉱石を確保しようと動くレイナたち。

鉄鉱石を探す中で、精霊についての衝撃の事実が明らかになります!

「ガラスの温室の公爵夫人」第34話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第34話最新話と感想!精霊についての衝撃の事実

エドハールの誓い

前世ではランギーニとの戦争によって惨敗してしまったソルシエ帝国。

当時のエドハールは皇帝の命に従い、エルを残して戦場に向かうしかありませんでした。

しかし、今のエドハールは違います。

 

たとえ戦場に行く事になってもレイナとエルを置き去りにしないと決意。

そうすればエルがランギーニに寝返る事もないと思うのです。

戦争を回避する事はできなくても、二度と同じ過ちをしないと誓うエドハール。

将来の為に

戦争が始まる前に物資の調達をしようと考えるレイナたち。

鉄鋼石が不足していると聞いたレイナはある方法を思いつきます。

そして魔精石を流通させる為にはヒスビリアンが直接貿易商を立ち上げてはどうかと提案するレイナ。

 

エドハールは彼女の意見に賛同すると、それならレイナに全ての取引を一任すると言います。

ヒスビリアンの財政権を託されたと感じたレイナは応じる事に。

 

エドハールはたとえこんな形でも、一緒にいればいつかレイナが振り向いてくれると期待を抱いていました。

しかしレイナはこれも後で独り立ちした時の為に役に立つと考えていたのです。

精霊についての衝撃の事実

その後、ウンディーネに鉄鉱石を見つける方法を尋ねたレイナ。

ウンディーネは簡単ではないけれど不可能ではないと言います。

しかし、大自然が摂理に反すると判断すれば全てが無駄になると言うのです。

 

大自然は全てを司っており、レイナが鉱脈を見つけたとしても摂理に逆らうなら見つけられないように止められてしまう。

精霊たちも大自然に逆らう事はできず、知っていても答える事が出来ないと言います。

ウンディーネの説明を聞いたレイナは、精霊についてもっと詳しく調べる事に。

 

書庫を訪れたレイナは、精霊についての本を読む事にしました。

その本には、一人が契約できる精霊は一種類である事。

そして契約できるのは自分と同じ属性の精霊のみで、他の属性同士の契約は絶対に不可能だと書いてあります。

 

四大元素の精霊全てと契約しているレイナは衝撃を受け、もっと詳しく調べる事に。

本には二つ以上の精霊と契約している時は、大自然の祝福を受けた場合、もしくは大自然の摂理に逆らった場合があると書いてあったのです。

 

複数の精霊と契約できたのは、精霊との相性がいいからだと思っていたレイナ。

もしそうでなければどうなるのか気になった彼女は、もっと詳しく調べる事にしました。

レイナの決断

さらに詳しく調べたレイナは、精霊を成長させる事ができなければ摂理に逆らった証拠になるとの記述を見つけます。

本を読み終わった彼女は、自分とエルの為にも他の精霊と契約した事は伏せておこうと決意。

 

もしレイナが二度目の人生を送っている事が大自然の摂理に逆らうとしたら。

エルの高熱がそのせいだとしたら、どうしたらいいのかと思い悩むレイナ。

一刻も早くリュミエ神殿に行き指示を仰ごうと決意するのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第34話感想

前世ではエドハールの参戦中に敵に寝返ってしまったエル。

今のエドハールなら、きっと家族を守る事が出来るはずです!

 

それでも貿易商の立ち上げについてレイナとエドハールの考えが全く違う事に驚きました。

エドハールはいつか彼女の心が自分に向いてくれると信じ、そしてレイナはいつか独り立ちした時の為に財政を担う事に。

レイナの信頼を回復するにはまだまだ時間がかかりそうですが、いつか打ち解けて欲しいと願うばかりです。

 

精霊についての衝撃の事実には驚きました!

レイナが複数の精霊と契約出来ているのは、人生をやり直しているせいでしょうか?

二度目の人生を送っている事が大自然の摂理に逆らっているとみなされるのか…。

 

エルの高熱が続くのも、レイナが人生をやり直している事と何か関係があるのかもしれませんね。

神殿に行けば全てが解決するのか気になります!

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第34話最新話と感想!精霊についての衝撃の事実まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」34話のネタバレ、感想をご紹介しました。

魔精石を円滑に手に入れる為に、ヒスビリアンで貿易商を立ち上げる事にしたレイナ。

通常は一人につき一つの精霊としか契約できないと知った彼女は衝撃を受けるのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!