ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第49話最新話と感想!エルの才能

ガラスの温室の公爵夫人

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第49話のネタバレと感想をまとめてみました!

レイナの胸に一目散に飛び込むエル。

エルに隠された秘密とは…。

「ガラスの温室の公爵夫人」第49話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ 

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第49話最新話と感想!エルの才能

泥沼の離婚劇

走ったら危ないと諭すレイナに、一緒にいられる時間が後一か月しかないからと俯くエル。

彼がこのような発言をする理由は、3年前のレイナとエドハールの離婚にありました。

二人の離婚は帝国でも大きく騒がれる事態に。

 

「ヒスビリアンの後継者」となるエルの養育権を巡り、激しい争いが繰り広げられたのです。

この問題は二人だけで解決できるような内容ではなく、家臣や親族も巻き込み大騒動が勃発しました。

そして1年のうち、半分はエドハールと、そして残り半分はレイナと過ごす事で決着したのです。

エルの嫉妬

納得のいく判決にはならなかったものの、張本人のエルは素直に受け入れてくれました。

なかなか一緒にいられない事を申し訳なく思うレイナ。

その代わり今日はエルがやりたい事を全てやろうと提案します。

 

エルは大喜びすると、一緒に温室に行きたいと懇願。

早速温室へ向かう二人でしたが、ここでエルとウンディーネの喧嘩が発生してしまいます。

ウンディーネにばかり意地悪をするエルを諭すレイナ。

 

彼が意地悪する理由は、いつもレイナの側にいられるウンディーネを羨ましく思ったからでした。

自分はずっと一緒にはいられないのにと俯くエル。

彼がどれ程寂しがっているか理解したレイナは胸を痛めます。

 

そしてエルを抱きしめると、ウンディーネのおかげで早く帰って来られた事を説明。

意地悪を止めるように諭すレイナの言葉を、エルは素直に聞き入れるのでした。

エルの才能

その後二人は温室へ到着。

エルが育てた植物はどれも綺麗で、レイナは頬を緩ませます。

彼の精霊親和力はレイナをも上回り、時には自然の力を動かす程です。

 

レイナとエル以外は温室へ立ち入る事を禁じている為、今のところ誰にも気付かれずにいます。

それでもいつまでこの力を隠し通せるか分からず不安を感じるレイナ。

その時、緊急を知らせる呼び出し音が鳴り、レイナは後ろ髪を引かれる思いで屋敷へと戻る事になったのです。

ミルアのお願い

屋敷へ戻ったレイナは、ミルア皇女が来ていると聞き憂鬱に。

レイナはミルアの元へ向かうと、早速用件を尋ねました。

 

近々行われる爵位昇進の宴会に、レイナの母方の祖父であるロトワール大公が参列する事を打ち明けるミルア。

帝国とロトワール公国との関係が思わしくない為、レイナに橋渡しをして欲しいと言うのです。

しかしレイナはロトワール大公と面識がない為、上手く役目を果たせるか分からないと言います。

 

ミルアは納得すると、そのまま帰って行きました。

母を失った日、レイナたちは母方の祖父であるロトワール大公に会いに行く途中でした。

 

ロトワール公国へ向かう途中の馬車が事故に遭ってしまい、大公は大切な娘を失う事になったのです。

その為、彼に良く思われているか分からず思い悩むレイナ。

爵位昇進の宴会当日

3日後、皇宮では爵位昇進の宴会が開かれ、エドハールも出席。

皇帝の隣には愛人であるルイシャが座り、さらにモニカは第1皇子の隣に腰掛けていました。

第1皇子妃の座を手にしたモニカの執念深さに呆れるエドハール。

 

すると、一人の令嬢がエドハールに声を掛けてきました。

エドハールが答えようとしたその時、レイナが到着したのです。

 

大きな歓声に包まれ入場するレイナ。

エドハールは堂々とした彼女の姿に釘付けになってしまうのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第49話感想

レイナと一緒にいられず、寂しがるエル。

エドハールとの離婚劇が泥沼化していたと分かり驚きです!

やはりヒスビリアンの後継者となると、母親が親権を持つわけにもいかないのですね…。

 

レイナが地位を確立している為エルと引き離されずに済んでいるものの、前世のように何の力も持たないままだったらと思うとぞっとします。

半年間で父親と母親の間を行ったり来たりしているエルですが、本音としてはずっとレイナと一緒に居たいのかもしれませんね!

 

エルの精霊親和力がレイナをも上回っているとは驚きました!

リュミエ神殿の帰りに何者かに襲われたのは、やはりエルが狙いだったのでしょうか?

もしエルの力が周囲に知られてしまえばと、益々危険に晒されてしまいそうで心配です!

 

ミルアからの頼みで爵位昇進の宴会に出席する事になったレイナ。

ロトワール大公と皇帝の仲介をするのが彼女の役目ですが、果たして上手くいくのでしょうか…。

 

そしてエドハールも同じ宴会に出席。

彼の様子から、未だレイナを想っているように感じます。

この再会をきっかけに二人の距離が縮まって欲しいと願うばかりです。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第49話最新話と感想!エルの才能まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」49話のネタバレ、感想をご紹介しました。

レイナとエドハールの離婚劇は泥沼化し、エルはそれぞれと半年間ずつ過ごす事に。

エルの類まれな才能に気付いたレイナは、いつまでこの力を隠し通せるか分からず思い悩むのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ 

error: Content is protected !!