ガラスの温室の公爵夫人 86話最新話と感想!ガイアの危機

ガラスの温室の公爵夫人

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」86話最新話のネタバレと感想をまとめてみました!

エルが時間を巻き戻したことに気付いたレイナは、今度こそ2人でエルを守っていこうと決意するのでした。

「ガラスの温室の公爵夫人」86話最新話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧と結末予想ページへ

ガラスの温室の公爵夫人86話最新話と感想!ガイアの危機

1人で戦うガイア

エルは何だか胸が苦しくて刺すような痛みがする、と違和感を訴えていました。

シオンは魔法結界のせいかと考えますが、それも少し時間が経てば大丈夫なはずです。

そしてエルはシルフィーやウンディーの声が聞こえないことを心配をするのでした。

 

ガイアは一人で、ディアルケの攻撃をかわし続けています。

しかし、大自然の摂理に背く人物の攻撃に、追い込まれていく一方です。

まだ幼いエルの力を使う訳には行かないと、必死に抗うガイア。

 

しかし、ついにディアルケの鎖の攻撃によって腕を掴まれてしまいました。

ガイアは力を吸収されそうになりながらも、何とかそれを防ぎます。

そしてディアルケは、いい物はソルシエにばかりある、あの子供だけでも連れてくればよかったな、と呟くのでした。

危機

また過去のようにエルを利用するつもりかと憤るガイア。

甘い言葉でそそのかし、戦場に駆り出してはいいように利用する…。

そんなことを繰り返させるものかと、我を忘れて怒ります。

 

するとガイアの体が赤く染まり、このままでは消滅の恐れがあるというところで、ようやくレイナが駆けつけるのでした。

力をむやみにつかったことで本能に飲み込まれ、それを制御してくれる契約者も近くにいないという最悪の状況。

さらにはディアルケの攻撃によって、胸を氷で貫かれてしまうのでした。

助けたい

ほかの精霊たちが足止めしている間に、ガイアを助けようと試みるレイナ。

レイナはガイアに突き刺さった氷を何とかしようと力を込めます。

すると、ガイアの記憶が流れ込んできました。

 

寂しい思いをしていたエルのそばにずっといてくれた過去を見て、涙がこぼれるレイナ。

そしてもうこれ以上寂しい思いをさせるものか、と精一杯の力を振り絞ります。

すると、暖かい力を感じたガイアの胸の氷は溶け、穏やかな表情を見せるのでした。

ガラスの温室の公爵夫人86話感想

エルのことが心配になったレイナは、ディアルケと戦っていた場所に戻ってきてしまったのですね!

しかし、ここにレイナが来ていなければ、またエルは大切な人を失ってしまうところでした。

ガイアが助かって良かったです。

 

ですが、ここにレイナが来てしまったということは、エドハールと一緒に立てた計画が実行できなくなってしまいます。

地下水路にひそむ敵を、レイナの水の力で押し流してしまおうという、いい作戦でしたよね。

このままディアルケの好きにさせていては、被害が拡大してしまうかもしれません。

 

それにシオンがついているとはいえ、いつエルに危険が及ぶかもわかりませんよね!

どこを優先すべきか、とても難しいところですが、被害が最小限になることを祈ります!

 

レイナはエルや大切な人たちを守ることが出来るのでしょうか?

ガラスの温室の公爵夫人86話最新話と感想!ガイアの危機

今回は「ガラスの温室の公爵夫人 86話最新話のネタバレと感想を紹介しました!

ディアルケの攻撃によって危機を迎えたガイアでしたが、レイナの力を借りてなんとか持ちこたえるのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!