外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第104話最新話と感想!貴族派に対抗する為に

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第104話のネタバレと感想をまとめてみました!

エリーゼに会えない事に耐え切れず、仮病を使ってしまった皇太子。

エリーゼの反応は…?

「外科医エリーゼ」第104話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第104話最新話と感想!貴族派に対抗する為に

胸の痛みの原因

詳しい症状を尋ねられたものの、曖昧に誤魔化す皇太子。

胸の痛みの原因がエリーゼに会えないからとは言えません。

脈拍も全て正常な為、肋軟骨炎かもしれないと考えたエリーゼは、胸を触診する事にしました。

 

エリーゼに胸を触られた皇太子の顔は真っ赤に。

耐え切れなくなった彼は、エリーゼを抱き寄せキスしてしまいます。

彼女が嫌がっていない事を確認し、もう一度唇を重ねる皇太子。

 

胸の痛みはどうかと聞かれた彼は、もう大丈夫と微笑みます。

仮病だと気付いたエリーゼは、心配して損したと憤慨。

皇太子は、また胸が痛くなったら呼んでもいいかと尋ねるのでした。

貴族派に対抗する為に

エリーゼが返事をしようとしたその時。

部屋のドアがノックされました。

クリスがやってきたと気付き、慌てて離れるエリーゼ。

 

またもクリスに邪魔をされた皇太子は明らかに不機嫌に。

用の済んだエリーゼは、真っ赤になりながら帰ってしまいました。

 

用件を尋ねられたクリスは、指示されていた調査が終わったと言います。

報告書を差し出しながら、貴族派の没落の鍵になるはずだと呟くのでした。

アムセル侯爵の目的

ドキドキが治まらないまま皇宮を後にするエリーゼ。

帰り道でアムセル侯爵とユリエンに出くわします。

皇宮に来た目的を尋ねられた二人は、言いにくそうにマリエンに会いに来たと伝えるのでした。

外科医エリーゼネタバレ第104話感想

二人のラブラブな様子にドキドキしました!

エリーゼは怒りながらも、仮病を使ってまで会う口実を作ってくれた事が嬉しそうです。

前世ではキスをする事もなかったようですが、今回は相思相愛ですし、少なくともエリーゼは幸せになれそうですね!

 

クリスは毎回いいところで邪魔をしてくれます。

わざとやっているのではと思うくらい…。

さすがの皇太子もムッとしていましたね!

 

クリスが来た目的は、ある調査の報告をする為でした。

貴族派没落の鍵になるとの事ですが、何か弱みを掴んだのかもしれませんね!

 

帰り道、エリーゼはアムセル侯爵とユリエンに遭遇します。

二人はマリエン皇妃に会いに来たとの事ですが、明らかに気まずそうにしていました。

エリーゼも血塔の悲劇の事を知っているのでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第104話最新話と感想!貴族派に対抗する為にまとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」104話のネタバレ、感想をご紹介しました。

仮病を使ってまで会う口実を作る皇太子に呆れながらも、本気で怒れないエリーゼ。

調査報告書を手に執務室を訪れたクリスは、貴族派没落の鍵になると不敵な笑みを浮かべるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!