外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第103話最新話と感想!ミハイルの願い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第103話のネタバレと感想をまとめてみました!

エリーゼに傷の手当てをしてもらったミハイル。

彼女にあるお願いをします。

「外科医エリーゼ」第103話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第103話最新話と感想!ミハイルの願い

ミハイルの願い

抵抗も虚しく、処置室に連れて行かれてしまったミハイル。

皮下と皮膚を5針ずつ縫われ、10日間は剣術訓練も禁止されてしまいます。

3~4日後にまた傷を見せに来るよう言われたミハイルでしたが、なかなか帰ろうとしません。

 

困惑するエリーゼに、お願いがあると言うミハイル。

少しの間でいいからエリーゼの顔を見せて欲しいと言います。

綺麗すぎて好きになってしまいそうだと言う彼に、冗談ばっかりと笑うエリーゼ。

 

普段と違う様子のミハイルに胸騒ぎがした彼女は、傷が治ったら食事でもしようと誘います。

ミハイルは振り返ると、笑顔で了承するのでした。

子犬との出会い

ミハイルが外に出ると、雨が降っていました。

まだまだ止みそうにない雨に途方に暮れていると、足に怪我をした一匹の子犬を見つけます。

怪我が治るまで子犬の面倒を見る事にしたミハイル。

 

子犬を抱き上げると、「リゼ」と名付けました。

犬に自分の名前を付けられたら嫌がるかと心配しながらも、エリーゼがいない時だけ呼ぼうと決めるのでした。

多忙なエリーゼ

その後、皇太子とエリーゼは今後の予定を立てていました。

しかし、エリーゼには予定が目白押しでデートをする暇もありません。

彼女は病院の業務に加え、病気療養中の第一皇妃マリエンに代わり宮廷内の仕事までこなしていたのです。

 

本来はまだ式を挙げていない為、宮廷内の仕事までこなす必要はありません。

しかし、医者としての業務に励むエリーゼに、メルキト伯爵が異議を唱えたのです。

次期皇太子妃が病院の事ばかりに集中し、宮廷内の仕事をおろそかにするのはおかしいと。

 

エリーゼがミスをしたら責任を追及して評判を落とそうと考えていたようですが、彼女は宮廷内の仕事まで完璧にこなしています。

その為エリーゼは休む暇もないほど忙しくなってしまったのです。

たまには二人の時間を作りたい皇太子。

 

どうしてもエリーゼに会いたかった彼は、無理を言って彼女を呼び出していました。

仮病だと知れば怒られると思った彼は、咄嗟に胸が痛いと伝えます。

胸の痛みは病気ではなくエリーゼに会えない為だと分かっていましたが、嘘ではありません。

 

どの辺りがどのように痛むのかと尋ねるエリーゼ。

皇太子は右胸を抑えながら、この辺りがズキズキすると伝えるのでした。

外科医エリーゼネタバレ第103話感想

ミハイルはエリーゼに傷の手当てを受けましたが、どこか浮かない顔です。

「顔を見せて欲しい」と伝えるのが、彼にとっては精一杯だったのかもしれませんね。

エリーゼを愛していながらも、彼女は宿敵であるリンデンの妻になる身。

 

これからもずっと想いを押し殺さないといけないなんて辛すぎますね…。

皇位争いの結果どちらが勝利したとしても、二人とも幸せにはなれない気がします。

エリーゼなら二人の争いを止める事ができるでしょうか。

 

それにしても、病院の業務に加えて宮廷内の仕事までこなすなんて忙しすぎますね!

打つ手がなくなったメルキト伯爵は、エリーゼがミスをしたところを責めて評判を落とそうとしますが、そううまくはいきません。

エリーゼが宮廷内の業務を完璧にこなしているのは、前世で皇后をしていたからかもしれませんね!

 

仮病を使ってまでエリーゼに会いに来た皇太子が健気です。

仮病がバレないといいのですが…。

外科医エリーゼネタバレ第103話最新話と感想!ミハイルの願いまとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」103話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エリーゼへの想いを押し殺すミハイル。

エリーゼは病院の業務に加え、宮廷内の仕事までこなし多忙な日々を送るのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!