外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第105話最新話と感想!悲劇の連鎖

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第105話のネタバレと感想をまとめてみました!

マリエンに会いに皇宮を訪れたアムセル侯爵たちと遭遇したエリーゼ。

前世で怒った悲劇の連鎖に想いを馳せます。

「外科医エリーゼ」第105話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第105話最新話と感想!悲劇の連鎖

悲劇の連鎖

アムセル侯爵の妹であり、ミハイルの母マリエン。

彼女こそが「血塔の悲劇」を起こした張本人です。

エリーゼは、皇太子が母と姉の復讐の為だけに皇帝になろうとしている事を理解していました。

 

しかし前世では彼が皇帝になった事で新たな悲劇が起こり、ミハイルやユリエン、そして貴族派の多くが命を落とす事になったのです。

エリーゼと彼が本格的にすれ違うようになったのもこの頃からでした。

皇太子は常に冷徹さを保っていたのです。

 

前世では、貴族派を束ねていたアムセル侯爵が突然命を落とした事により、争いが制御不能に。

もしあの時彼が命を失っていなければ、あそこまで被害が拡大する事はなかったように思います。

アムセル侯爵たちを見送りながら、少しでも犠牲を減らす方法はないかと考えるエリーゼ。

粛清の計画

その頃皇太子はクリスの報告書に目を通しながら、その完璧な内容に驚いていました。

クリスは短期間でこの報告書を仕上げた上に、皇太子が出した他の指示も内密に進行中だと言います。

 

貴族派を全て粛清するつもりかと尋ねるクリス。

そう思う理由は、彼の計画が全て貴族派の粛清を表しているからです。

皇太子は否定も肯定もしませんでした。

 

クリスが去った後、「血塔の悲劇」を思い出す皇太子。

いつかはこの復讐も終わるだろうと考えるのでした。

皇太子の計画

エリーゼは相変わらず多忙な毎日を過ごしていました。

宮廷内の仕事に加え、手術の執刀に医科大学用の教科書の執筆まで。

忙しすぎて眠る暇もない程です。

 

それに皇太子と貴族派の政権争いもあり、なんだか気持ちも落ち着きません。

気を取り直したエリーゼは、皇帝の診察に向かう事に。

 

皇宮に着いたエリーゼは、皇太子と遭遇。

彼は今日はエリーゼに会いに来たのではなく、ベン子爵に用事があるのだと言います。

エリーゼは不思議に思いながらも、皇帝の元へと向かいました。

 

彼女がいなくなった後、本題を切り出す皇太子。

エリーゼが戻るまでに仕事を全て終わらせておくようにと頼むのでした。

外科医エリーゼネタバレ第105話感想

エリーゼは皇太子が復讐の為に皇帝になろうとしている事を理解していました。

前世では復讐を果たしたようですが、多くの犠牲者が出たようです。

ミハイルだけではなく、ユリエンまで命を失う事になっていたとは驚きました!

 

悲劇の連鎖の結果、エリーゼとの仲も悪化したと言います。

一見冷たいようで、本当は優しい皇太子。

前世での彼は、多くの犠牲を払った事に耐えられなかったのかもしれませんね。

 

前世と同じように、今回もまた皇太子は貴族派たちへ復讐しようとしていました。

違うのは有能すぎるクリスが秘書官となり、計画に加担している事でしょうか。

クリスもまた、彼が何を考えているのか察している様子。

 

皇太子の気持ちも分かりますが、復讐しても新たな犠牲を生むだけで何も解決しません。

エリーゼが言うように、なんとか復讐を止める事ができるといいのですが…。

 

皇太子はベン子爵と共に何かを計画している様子。

エリーゼに内緒で何かするつもりでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第105話最新話と感想!悲劇の連鎖まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」105話のネタバレ、感想をご紹介しました。

前世での悲劇の連鎖を思い出し、何とか犠牲を減らす方法はないかと考えるエリーゼ。

皇太子は貴族派を粛清する為に、ある計画を進めるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!