外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第106話最新話と感想!皇帝の後悔

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第106話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇太子がベン子爵を呼び出した理由とは…?

皇帝がエリーゼに苦しい胸の内を語ります。

「外科医エリーゼ」第106話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第106話最新話と感想!皇帝の後悔

皇太子の計画

エリーゼがいない間、皇帝の診察はベン子爵に任せる事に。

皇太子は彼女の診察が終わるまでに準備を終わらせようと急ぎます。

 

今まで多忙なエリーゼにほったらかされ、不満に思っていた皇太子。

彼は密かにある計画を立てていたのです。

皇帝の後悔

その頃エリーゼは皇帝の診察をしていました。

彼の体重が落ちている事に驚いたエリーゼは、ちゃんと食べるように諭します。

皇太子の体調が一向に回復しない事に、力不足だと謝るエリーゼ。

 

しかし、皇帝は今も元気でいられるのはエリーゼのおかげだと言います。

きっと罪深い自分は神から呼ばれているのだとも。

皇帝は困惑するエリーゼを散歩に誘いました。

 

バラが咲き乱れる庭園を歩きながら、これまでの人生で後悔した事があるかと尋ねる皇帝。

自分がかつて大きな過ちを犯してしまった事。

そしてどんなに忘れようとしても忘れる事ができないのは、神からの罰だと言います。

 

きっと神様は許してくれると言うエリーゼ。

自分にも悔やんでも悔やみきれない程後悔した事があると。

この世に罪を犯した事のない者などいないのだから、これ以上苦しまないで欲しいと訴えたのです。

 

彼女の言葉を聞いた皇帝は、エリーゼを婚約者に選んで良かったと。

もうじき行われる良き日までは元気でいたいと微笑む皇帝。

意味が分からない様子のエリーゼに、もうすぐリンデンから話があるだろうと伝えます。

 

すっかり時間が経ってしまい、皇宮に戻る事にした二人。

これからも時々散歩に付き合って欲しいと言う皇帝に、エリーゼは笑顔で頷くのでした。

皇帝が皇太子とミハイルの事を気にしていると察したエリーゼ。

二人はエリーゼにとっても大事な人に変わりありません。

しかし、悲劇はすぐそこまで迫っているのに解決法が浮かばないのです。

 

エリーゼがため息を付いていると、皇太子が声を掛けてきました。

診察は終わったのかと聞く彼に、エリーゼは戸惑うのでした。

外科医エリーゼネタバレ第106話感想

皇太子はベン子爵に皇帝の診察を任せ、何か企んでいる様子。

悪い事ではなさそうですが、エリーゼを驚かせようとしているようです!

 

皇帝が話していた罪とは、血塔の悲劇の事だと思います。

彼もずっと苦しんでいたんですね…。

エリーゼが言っていた悔やんでも悔やみきれない事とは、前世の事のようです。

 

彼女が言うように、罪を犯した事のない者など一人もいません。

皇帝はもう十分苦しんだのだから、いい加減に自分を許してあげて欲しいですね!

それにしても、もうじき行われる良き日とは一体何の事なのか気になります!

 

皇帝と別れたエリーゼの前に立ちはだかる皇太子。

よく見ると背後に馬を連れています。

まさかエリーゼを連れてどこかへ出かけるつもりでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第106話最新話と感想!皇帝の後悔まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」106話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エリーゼに内緒である計画を進める皇太子。

自分を責め続ける皇帝に、エリーゼはもうこれ以上苦しまないで欲しいと訴えるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!