外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第129話最新話と感想!最後のチャンス

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第129話のネタバレと感想をまとめてみました!

貴族派の未来の為、先手を打つ事を決断したアムセル侯爵。

エリーゼはまもなく起こる悲劇を止める方法を模索します。

「外科医エリーゼ」第129話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第129話最新話と感想!最後のチャンス

最後のチャンス

ギルバート伯爵から、リンデンが近々ロンド郊外を訪問するという情報を得たアムセル侯爵。

そこは剣騎士団の陣営と近い場所にあり先手を打つには最適だと思った彼は、時期を早める事に。

 

翌日、体調を崩したアムセル侯爵は病院へと運ばれていました。

病院を訪れたミハイルは、彼が壊死性膵炎を発症しており、もう打つ手もなく長くない事を知ります。

アムセル侯爵の命が長くても10日程だと聞き、驚くミハイル。

 

病室を訪れたミハイルは、とても悲しそうな表情をしていました。

自分の命が残りわずかだと自覚していたアムセル侯爵。

それでもまさか政局の局面で倒れる事になるとは予想していなかったのです。

 

命を失う事よりも、自分が倒れてからの貴族派の行く末が気になります。

自分が命を失えば、貴族派は勢力を失ってしまう。

 

そう確信した彼は、これが最後のチャンスだと言い放ちます。

未だ迷っている様子のミハイルに、必ず皇太子の首を取るよう念押しするアムセル侯爵。

 

病室を後にしたミハイルは、他の方法はないのかと頭を抱えていました。

自由になり、何のしがらみもない世界でエリーゼと共に生きたい。

それだけが彼の望みでした。

悲劇はもうすぐ

皇帝の容態が安定し、安堵するエリーゼ。

意識はまだ戻らないものの、きっと元気になると信じていました。

 

それよりも今の心配は政局の事。

アムセル侯爵の急病や、帝国銀行の発足など、全てが前世と同じなのです。

 

悲劇が起こるまでもう時間がないと感じたエリーゼ。

大切な人を失わない為、そしてリンデンが苦しむ事のないよう自分に出来る事を模索します。

リンデンと散歩へ

その時、病院を訪れていたリンデンが声を掛けてきました。

散歩に誘われたエリーゼは応じる事に。

 

雪道を歩きながら、予想外の寒さにエリーゼの身を案じるリンデン。

彼はこんな寒い中連れ出してしまった事を申し訳なく思っていましたが、エリーゼは違います。

心配するリンデンをよそに、一緒に歩きたいと微笑むエリーゼでした。

外科医エリーゼネタバレ第129話感想

ギルバート伯爵の情報を元に、リンデンがロンド郊外を訪問した際に襲撃する事にしたアムセル侯爵。

自分の命が長くない事を悟った彼は、命があるうちに決着を付けようと考えているようです。

しかし計画に乗り気なのは貴族派の重鎮だけで、ユリエンやミハイルは迷いがある様子。

 

ミハイルの自由になりたいという一言が、彼の苦しみを表していました。

彼の言うように、皇位争いなど考えず自由に生きられたらどんなにいいでしょうか。

想い人であるエリーゼと過ごす事もできず、兄の命を奪う事しか生き残る術がないなんて悲しすぎます。

 

エリーゼもまた前世と比較し、悲劇が近い事を案じていました。

リンデンを止められるのは彼女しかいないと思います。

 

悲劇が起こればエリーゼの大切な人たちは命を失い、リンデンは永遠に罪悪感に苛まれ苦しむ事になるはずです。

前世と同じ悲劇を起こさない為に、彼女に出来る事はあるのでしょうか?

外科医エリーゼネタバレ第129話最新話と感想!最後のチャンスまとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」129話のネタバレ、感想をご紹介しました。

自分の命が長くない事を悟ったアムセル侯爵は、貴族派の生き残りをかけ、何としてもリンデンの首を取ろうと決意します。

前世での経験から、悲劇が起こるまでにもう時間がないと悟ったエリーゼは、止める方法を模索するのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!