サイト開設1周年記念!

30秒で終わる当サイトについての簡単アンケートで

Xmasプレゼントが当たる?!

アンケートに回答してプレゼントに応募する

(※回答は1人1回まで12月23日〆)

外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第54話最新話と感想!皇太子へのお願い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第54話のネタバレと感想をまとめてみました!

自分の力では病院の環境を変える事は不可能だと気付いたエリーゼ。

多くの人の命を救う為、ある人物の力を借りる事にしました。

「外科医エリーゼ」第54話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第54話最新話と感想!皇太子へのお願い

命を救う為に

エリーゼが優れた医者である事は誰もが認める事実でした。

しかし、何の職位も持たない彼女の意見に耳を貸す者など誰もいないのです。

いくら未来の皇太子妃といえども、根拠がなくては行動を起こす事もできません。

 

エリーゼがどうしようかと悩んでいると、皇太子が声を掛けてきました。

遠征軍の総司令官である彼ならば状況を変えられるかもと考えたエリーゼ。

一人でも多くの人の命を救う為、彼にお願いしてみる事にしました。

皇太子へのお願い

野戦病院の現状を聞いた皇太子は、別室で詳しい話を聞く事に。

皇太子から促されたエリーゼは、野戦病院が著しく不衛生である事を伝え、今すぐ環境を改善する必要があると訴えました。

 

環境を改善した場合の利益や、その為に必要な予算を聞く皇太子。

エリーゼの頼みなら何でも聞いてやりたいのが本音ですが、総司令官としてはそうもいかないのです。

ここからが正念場だと思ったエリーゼは、環境を改善すれば負傷者の生存率を10倍上げる事ができると断言しました。

 

驚く皇太子に、その為には快適な環境作りと医薬品の補給、そして人力の支援が必要だと続けます。

前世でのヨーロッパで野戦病院の環境を改善した結果、死亡率が大幅に減った事を思い出したエリーゼ。

ここでも同じように衛生状況を改善すれば、死亡率を減らす事が可能だと考えたのです。

 

エリーゼの要望した支援はそんなに大規模なものではなく、個人的にはすぐにでも実行したいと考える皇太子。

しかしそうもいかず、2日後の司令部での会議で意見を述べるように指示します。

 

エリーゼの意見に説得力があると判断した場合は望みを聞くと言うのです。

感謝の気持ちを伝えるエリーゼに、皇太子は代わりに自分の頼みも聞いて欲しいと伝えます。

皇太子の望み

一度でいいから笑って欲しいと伝える皇太子。

困惑するエリーゼに、いつも険しい顔をしているからと指摘します。

要望通り、優しく微笑むエリーゼ。

 

皇太子はその笑顔をせつない表情で見つめていました。

エリーゼもまた初めて見る彼の表情に戸惑いを隠せません。

皇太子が笑顔の方がいいと言いながらエリーゼの頬に手を伸ばした時。

 

エリーゼはどうしていいか分からず、真っ赤になりながら部屋を後にしました。

部屋を出た後もドキドキが止まらないエリーゼ。

皇太子もまた、どんどん強くなる彼女への想いに困惑するのでした。

外科医エリーゼネタバレ第54話感想

エリーゼの言う事に誰も耳を貸さず、それぞれの責任者の対応も無責任で腹が立ちました!

いくら未来の皇太子妃でも、長年受け継がれたシステムを簡単に変える事などできません。

皇太子はエリーゼの願いなら何でも叶えたいと思いながらも、立場上そんなわけにもいきませんよね…。

 

それでもエリーゼが意見を述べる場を作ってくれました!

エリーゼの言うように環境を改善すれば、今現在の42%というとんでもなく高い死亡率は減らせるはずです。

ぜひ会議で重役たちを説得して、支援を受けられるようになるといいですね!

 

エリーゼの要望を聞く代わりに、自分の願いも聞いて欲しいと言う皇太子。

彼の願いとは、一度でいいからエリーゼの笑顔が見たいというものでした!

ロンの姿であれば彼女の笑顔を引き出すのは簡単ですが、皇太子だとそうはいきません。

 

エリーゼの笑顔を見た時の皇太子の表情からも、彼女への想いが伝わりましたね!

もう完全にエリーゼの虜です。

そしてエリーゼもまた皇太子の事を意識しだしたようですが…?

外科医エリーゼネタバレ第54話最新話と感想!皇太子へのお願いまとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」54話のネタバレ、感想をご紹介しました。

自分一人の力ではどうにもならないと思ったエリーゼは、皇太子に相談する事に。

彼女の話を聞いた皇太子は、エリーゼの会議への参加を認め、意見を述べる場を作るのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!