外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第6話最新話と感想!皇帝の病

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第6話のネタバレと感想をまとめてみました!

前世で慕っていた皇帝と再会したエリーゼ。

彼が患っている病を探ろうとしますが…?

「外科医エリーゼ」第6話のネタバレと感想を紹介します!

外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第6話最新話と感想!皇帝の病

皇帝の病

皇帝がバラ園にいると聞き、父と共に向かうエリーゼ。

久々に会う皇帝は、前世と変わらない優しい笑顔で彼女を出迎えました。

皇宮で過ごした6年間、彼の優しさにどれほど救われたか。

 

皇帝との別れを思い出しながら、「立派な皇后になれ」という遺言すら守れなかった事を悔やみます。

前世での皇帝は、持病で亡くなりました。

それなら既に病を患っていると考えたエリーゼ。

 

当時の侍医は、血液の循環に問題があると言うだけで正確な診断はできませんでした。

エリーゼは彼の最期の時を考えながら、皇帝の身体からケトン臭がしていた事を思い出します。

病名さえ分かれば、皇帝が弱っている隙に起きた政権争いを止められるのにと思い悩むのでした。

皇太子との再会

考え込むエリーゼを見て、以前より大人しくなったなと微笑む皇帝。

父は最近のエリーゼの様子を話しながら、どれだけ変わったかを伝えます。

父からエリーゼの淹れたお茶が美味しいと聞いた皇帝は、自分もぜひ飲みたいと微笑みました。

 

前世での皇帝が、西洋の清から輸入した中国茶を好んでいた事を思い出したエリーゼ。

皇帝の好みの配合で淹れたお茶を振舞います。

エリーゼが淹れたお茶を、皇帝も気に入った様子。

 

そして皇宮に住むようになればいつでも飲めると喜んでいます。

皇帝の様子を見ながら、早く婚約破棄の話をしないとと焦るエリーゼ。

意を決して話を切り出したその時。

 

聞き覚えのある声が聞こえてきました。

その声の主は、遅れてやってきた皇太子だったのです。

外科医エリーゼネタバレ第6話最新話と感想

前世と変わらない皇帝の笑顔に、懐かしさを覚えるエリーゼ。

前話で皇帝を怒らせるかも…と言っていたので怖い人かと思いきや、とても優しそうな人で驚きました!

皇宮で孤独なエリーゼに寄り添ってくれていたのですね。

 

エリーゼが彼を慕っていたのを感じました。

皇帝の病名は、前世では明らかにならなかったようです。

前世では医療の限界により、皇帝の命を救う事も争いを止める事もできませんでした。

 

それでも今のエリーゼには前世で得た医者としての知識があります。

これから皇帝の病名を明らかにし、なんとか未来を変えていって欲しいですね!

 

皇帝はエリーゼが嫁いでくるのを心から歓迎している様子。

こんないい人が義父になるなら幸せになれそうだし、婚約破棄も言い出しにくいです…。

 

皇太子までやって来るし、ますます言いにくいですね。

皇太子はエリーゼとの婚約を歓迎しているのでしょうか。

外科医エリーゼネタバレ第6話最新話と感想!皇帝の病まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」5話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エリーゼは後の争いを避ける為にも、皇帝の病名を知ろうと考えます。

自分の事を歓迎してくれる皇帝を前に、なかなか婚約破棄の話を切り出せずにいました。

外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!