外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第72話最新話と感想!感染源の特定

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第72話のネタバレと感想をまとめてみました!

犠牲者たちの死因を調べ、ある治療法を思いついたエリーゼ。

いよいよこの伝染病の感染源が特定されます!

「外科医エリーゼ」第72話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第72話最新話と感想!感染源の特定

伝染病の治療法

犠牲者の全てが肺出血で亡くなっている事を聞いたエリーゼは、なんと出血を止める必要はないと言います。

驚く医療陣たちに、亡くなった患者の死因は出血過多ではなく酸素不足が原因だと伝えるエリーゼ。

その為、人為的に高濃度の酸素を供給する酸素治療が有効だと提案します。

 

この方法なら、肺に血液が溜まっていても低酸素症を解決する事ができるのです。

酸素の供給は移動用酸素室を利用するとの事。

しかし、移動用酸素をブリチアから運ぶには時間がかかってしまいます。

 

エリーゼが近隣国から借りる方法を模索していた時。

思わぬ支援が届いたのです。

チャイルド家からの支援

ある日、野戦病院に移動用酸素室が届きます。

送り先はなんとチャイルド家門から。

アルバートの命を救ってくれたお礼にと、チャイルド家の親戚が貸してくれたのです。

 

これで伝染病治療に光が見えたと喜ぶエリーゼ。

その後、酸素治療の甲斐があり、70%近かった死亡率が10%まで低下します。

ジェイはすっかり回復し、ミハイルも徐々に回復しているとの事。

 

これもすべて危険を顧みず治療してくれたエリーゼと医療陣のおかげだと伝えるジェイ。

この伝染病事件は帝国内でも話題となり、エリーゼたちの様子が常に報道されていたのです。

 

その頃皇帝は、クロレンス侯爵とお茶を楽しんでいました。

エリーゼの活躍を称賛する皇帝。

彼女がいなければ今頃帝国軍はどうなっていたかわからないと言います。

 

クロレンス侯爵はエリーゼの功績を誇らしく思いながらも、やはり彼女を戦地へ行かせるべきではなかったと思うのです。

これ以上の功績なんていらないから、ただ無事に帰って来て欲しいと願うのでした。

伝染病の終息

やがて伝染病は終息を迎えます。

犠牲者の合計は478人。

この程度の犠牲で済んだのはチャイルド家のおかげです。

 

防護服のおかげで医療陣が被害を受ける事もほとんどありませんでした。

しかし、この伝染病は本当に自然に流行したものなのかという疑問が残ります。

皇帝の侍医であるベン卿の診断は「ウイルス性肺出血熱」でした。

 

この病気は一年前に黒い大陸で流行ったもの。

何故それがクリミヤ半島の帝国軍のみで流行る事になったのでしょうか。

エリーゼはある一つの結論を考えます。

感染源の特定

捕虜として共和国軍に捕まっていた兵士から事情を聞いたエリーゼ。

彼らがムーア人から世話をしてもらっていた事。

そしてそのムーア人が今回の伝染病と似た症状があった事を知ります。

 

その後、この兵士たちが体調を崩した直後にはミハイルが、続いて剣騎士団の兵士が続々と感染していったと言うのです。

疫学検査の結果、この伝染病が最初に発症したのは剣騎士団という事は分かっていました。

ここにいる兵士二人が最初の発症者である可能性が高いのです。

 

世話役のムーア人たちを使って、わざと捕虜に感染させたと確信したエリーゼは、ルイに対して怒りを覚えます。

このことをミハイルに報告したエリーゼ。

この伝染病で一番大きな被害を受けたのは剣騎士団です。

 

これがルイの仕業なら許せないと思ったミハイルは、皇太子の元へ。

エリーゼのおかげで今回の伝染病がルイの仕業だという根拠を見つけた事を伝えます。

彼から詳しい話を聞いた皇太子は、ルイの仕業に間違いないと確信するのでした。

外科医エリーゼネタバレ第72話感想

犠牲者たちの死因を調べたエリーゼは、原因が肺出血ではなく酸素不足である事を突き止めます。

そして治療法として移動用酸素を用いた方法を提案。

この結果、死亡率が大幅に低下したのです。

 

チャイルド家からの支援によって、伝染病を無事終息できて安心しました!

家門同士でいがみ合っていたものの、戦争を通して徐々にわだかまりが解けてきましたね。

言葉通り、きちんと恩を返すチャイルド家の人々は悪い人ではない気がします。

 

捕虜となった兵士たちからの聞き取りの結果、この伝染病はルイが故意に広めたものだと確信したエリーゼ。

一番の被害を受けた剣騎士団のミハイルも、皇太子も怒り心頭です!

いくら戦争に勝つ為とはいえ、あまりにも非人道的ですよね…。

 

この方法に最後まで反対していたファビアンにはまだ良心が残っているという事でしょうか。

次回、帝国軍がどのような制裁を下すのか気になります!

外科医エリーゼネタバレ第72話最新話と感想!感染源の特定まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」72話のネタバレ、感想をご紹介しました。

酸素治療を用いたエリーゼは、最低限の犠牲で伝染病を終息させる事に成功します。

この伝染病の流行がルイの仕業だと確信した皇太子は、報復を考えるのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!