外科医エリーゼ

外科医エリーゼネタバレ第78話最新話と感想!皇太子の決意

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「外科医エリーゼ」第78話のネタバレと感想をまとめてみました!

共和国軍に捕らえられてしまったエリーゼ。

果たして彼女の運命は…?

「外科医エリーゼ」第78話のネタバレと感想を紹介します!

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

外科医エリーゼネタバレ第78話最新話と感想!皇太子の決意

エリーゼへの対応

共和国軍に捕らえられたエリーゼは、ファビアンによって手厚くもてなされていました。

予想外の対応に驚き、こんなにも良くしてくれる理由を尋ねるエリーゼ。

ファビアンは戦争中でも次期皇太子妃を粗末に扱うわけにはいかないと言います。

 

そしてもう一つの理由を語り出しました。

以前ファビアンの部下が捕虜として帝国に捕らえられた際に、エリーゼから命を救ってもらったとの事。

部下を助けてくれたお礼だと頭を下げるファビアン。

 

エリーゼは戸惑いながらもルイの様子を尋ねました。

ルイはあれから手術を受け、今は病床に伏せているとの事。

それを聞いたエリーゼは、もしルイが動けるようになったら自分はどうなるのかと不安に。

 

エリーゼの気持ちを察したファビアンもまた、彼女の身を案じていました。

いっそ誰かが助けに来てくれたらとさえ思います。

 

しかし、いくら帝国軍が優勢とはいえ、シンフェポリには共和国軍の主力が集まっているのです。

いくら空帝や剣帝でも、命の危険を冒してまで助けにくるはずがないと思うのでした。

皇太子の決意

その頃ミハイルは、皇太子に会う為本部を訪れていました。

エリーゼが捕まったと聞き、怒りを滲ませるミハイル。

大切なエリーゼを守れなかった皇太子にも腹が立ってたまりません。

 

彼が部屋の前に着いた時、中から言い争う声が聞こえてきました。

なんと、皇太子が軍の指揮権をマッカイル元帥とミハイルに託し、一人シンフェポリに向かうと言い出したのです。

いくら皇太子でも命を落としてしまうと止めるマッカイル元帥。

 

シンフェポリさえ陥落すればエリーゼを取り戻す事ができますが、計画通りにいったとしても最低1ヵ月もかかります。

そんなに待っていられないと反論する皇太子。

呆れたミハイルがドアを開けると、そこには共和国軍の正装に身を包んだ皇太子が立っていたのです。

エリーゼを助けたい

ばればれの変装に益々呆れるミハイル。

皇太子は剣を渡すとこれからは軍の指揮をとるよう命令します。

エリーゼを連れ去られ興奮していたミハイルですが、自分以上に暴走する皇太子の姿を見て一気に冷静に。

 

シンフェポリには共和国軍の精鋭陣が10万もいるのです。

いくら皇太子でも無事に済むはずがありません。

しかし、兵士の数など関係ないと言う皇太子。

 

エリーゼが酷い目に遭っているかもしれないと思うと、居ても立っても居られないのです。

しかし、ミハイルはその命令には従えないと言います。

辞表を手に、帝国軍を辞めれば何をしても関係ないと微笑むミハイル。

 

エリーゼは自分が助けると言う彼に、皇太子は反対します。

どうしても命令に従わないと言うミハイルに業を煮やした皇太子は、超常能力を使い抵抗できない状態に。

そして、いつか自分がされたようにミハイルの頭部を叩くと気絶させてしまうのでした。

外科医エリーゼネタバレ第78話感想

共和国軍に捕まってしまったエリーゼですが、なんと手厚くもてなされていました!

部下を救ってくれた彼女に恩を感じたファビアンが、彼女を丁重に扱ったのです。

ファビアンはルイの右腕のような存在に見えましたが、心の優しい人物のようですね!

 

2度も共和国の作戦を見破ったエリーゼの事を案じ、助けに来て欲しいとさえ思うなんて…。

ファビアンのような良心的な人物が共和国軍にいてよかったです!

ルイの行動に反発しているようだし、これからもエリーゼの力になってくれるのではないでしょうか。

 

その頃帝国軍本部では、皇太子とミハイルがどちらがエリーゼを助けに行くかで揉めていました。

皇太子は軍の指揮権を放棄し共和国軍に変装してまでエリーゼの元へ行こうとしているし、ミハイルは辞表を出そうとしているし…。

どちらもエリーゼの事が大好きなのが伝わりました!

 

それにしても、ミハイルが気絶させられてしまったのはまさに因果応報ですね…。

冷静なミハイルが行った方が危険が少ないような気がしますが、皇太子が助けに行く姿が早く見たいです!

外科医エリーゼネタバレ第78話最新話と感想!皇太子の決意まとめ

今回は漫画「外科医エリーゼ」78話のネタバレ、感想をご紹介しました。

共和国軍に捕まってしまったエリーゼでしたが、彼女に好意的なファビアンに手厚くもてなされていました。

エリーゼが心配でたまらない皇太子は、ミハイルを気絶させ軍の指揮権を放棄してまで助けに行こうとするのでした。

⇒外科医エリーゼネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!