ゴミ捨て場の皇女様

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ14話最新話と感想!謎の疫病

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ゴミ捨て場の皇女様」14話のネタバレと感想をまとめてみました!

ケルフィ公爵は、エストレラを見たいと言いますが、陛下は断ります。

ゴミ捨て場の皇女様14話のネタバレと感想を紹介していきます!

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ14話最新話と感想!謎の疫病

流行っている疫病

陛下は理由を、自分たちでさえなんとか近くにいられるのにケルフィ公爵を見たら逃げてしまうと言います。

その言葉に、ケルフィ公爵は皇族として認めることは簡単にはできないと言います。

しかし陛下も食い下がりません。

エストレラに限ってそれはないと言いました。

 

そして次の報告に移ります。

フィレオン子爵家のケヒルが報告をします。

それは、フィレオン子爵領である、国の南部地域で疫病が流行っているという話でした。

 

フィレオン子爵領は山に囲まれていて、獣が山からおりてきます。

その獣は、人間に攻撃をして来ました。

なんとか制圧しましたが、また別の巨大な猪が来てフィレオン子爵領では死傷者が出てしまいました。

 

そんな獣にかすり傷を受けた人が、熱を出した後、人や獣など色々なものに噛み付くようになったのです。

また、その人に噛みつかれた人も、のちに同じ症状を発症しているのでした。

その人たちはとりあえず隔離したものの、獣はまだ捕まっていないと言います。

 

ケヒルは、フィレオン領に支援をしてほしいと陛下に伝えました。

陛下は、解決策を考えることにします。

炎がついた陛下

陛下は、エストレラの元に行きました。

エストレラは陛下を見て、炎みたいと言います。

陛下はその言葉を聞き、ヘレンに、カリザンとケルフィ公爵を連れてくるように言いました。

 

怖がるエストレラに、陛下はこれ以上近づかないと言います。

そして、さっき陛下が会った人に同じ炎がついていないか見てくれないかと聞きました。

もちろん近づかないからと約束をします。

 

それを聞いたエストレラは、了承しました。

呼ばれたケルフィ公爵は、皇族の資格があるか判断してやると思うのでした。

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ14話感想

フィレオン領では疫病が流行っているようですね。

人間を獣化している謎の疫病。

なんだかやばいですよね。

 

かすり傷を受けたら、獣のようになるだなんて

考えるだけで恐ろしいです!

獣の正体も気になりますが、その病気の正体も気になりますね。

まだ獣はそのままのようなので、一刻も早くどうにかしてほしいですね!

 

ケルフィ公爵にエストレラを会わせることを一度拒否した陛下ですが、結果的に会わせることになりましたね。

ケルフィ公爵はエストレラを認めるのでしょうか。

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ14話最新話と感想!謎の疫病まとめ

今回はゴミ捨て場の皇女様14話のネタバレと感想を紹介しました!

陛下は、エストレラが怖がるからケルフィ公爵には会わせられないと言います。

そして、フィレオン領で疫病が流行っているという報告を受けます。

そんな報告会を終えた陛下を見て、エストレラは炎みたいと言いました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!