ゴミ捨て場の皇女様

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ19話最新話と感想!神のお告げ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ゴミ捨て場の皇女様」19話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇室とは違うところで、ある会合が行われていますが

ゴミ捨て場の皇女様19話のネタバレと感想を紹介していきます!

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ19話最新話と感想!神のお告げ

神官の会合

神殿では、神官たちによる会合が行われていました。

ウリエル神官は、会合に遅れてしまったことを謝り、席につきます。

 

会合の内容は、大神官のもとに、神からのお告げがあったという内容でした。

大きな災でも起きるのかとメンバーたちは心配します。

 

神からのお告げは、このような内容でした。

厄災の種が撒かれたことで、人間が狂気となること。

それを解決するためには、真実を見抜く目がなければいけないこと。

そして、その力を持つ子を探さなければいけないことです。

 

厄災のことが魔族の心臓で、真実を見抜く目とは宝石眼のことだとみんな気づきました。

さらに、皇室からある命令がきたことが話されます。

魔族の心臓と宝石眼

それは、フィレオン領で変な事案が起きているから、皇室まできて欲しいという内容でした。

その事案こそが、魔族の心臓の力に似ていたのです。

そして、ウリエルが宝石眼について話だします。

 

急な治療の要請があった際、そこには小さな子どもがいました。

その子どもが、独特の目を持っていて、思い返せば宝石眼だったのではないかと思うことを伝えます。

新しく皇女を迎え入れるという噂を知っている人が、その人が新しい皇女なのではと聞きました。

 

あくまでも、全て未確認のため、他言無用だと神に誓い会合は終わります。

そして、大神官は、ウリエルに皇室に行く準備をするように言いました。

 

ウリエルは、宝石眼を持っていた人たちがどのような最期を迎えてきたか知っていました。

もちろん、それは歴史を学んだ人であれば知っていることです。

それなのに、誰もエストレラに同情すらしないことに疑問を持ちます。

ウリエルは、どうしてあの子がと思うのでした。

1人でできるエストレラ

エストレラは、メイドのベラとシリンに言われたことを思い出していました。

なんでも自分でやってしまうエストレラは、今後はメイドに頼るようにお願いされていたのです。

1人でできると思うエストレラですが、シオンがベルを鳴らしメイドたちを呼びます。

 

エストレラは、シオンを必死に止めようとしました。

ですが、すぐにメイドたちが勢いよく部屋に入ってきたのでした。

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ19話感想

エストレラが、宝石眼の持ち主だと言うことが徐々に広まって行っていますね。

これまで、宝石眼を持った人が、悲しい最期だったということが時々出てきていますよね。

一体どんな最期だったのでしょう?

 

神からのお告げは、フィレオン領で流行っている疫病のことですよね。

解決するにはエストレラが必要なようですが、どのようにして解決するのでしょうか。

 

エストレラは、今まで1人だったからか、人に頼るということが苦手なようですね。

まだ小さい子どもなのに、人を頼れないなんて、なんだか切ないです。

今回、シオンがベルを鳴らしましたが、もしシオンたちがいなかったら1人でなんでもやってしまうのでしょうね。

ゴミ捨て場の皇女様ネタバレ19話最新話と感想!神のお告げまとめ

今回はゴミ捨て場の皇女様19話のネタバレと感想を紹介しました!

神殿では、神官たちによる会合が行われていました。

そこでは、魔族の心臓や宝石眼のことについて話されています。

ウリエルは、宝石眼を持つエストレラに同情をするのでした。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!