陛下、今度は殺さないでください

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ第40話最新話と感想!ルペルトの優しさに戸惑うラリエット

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「陛下、今度は殺さないでください」第40話のネタバレと感想をまとめてみました!

徹底的に店の中を捜索するルペルト。

彼がこのような行動を取る理由とは…?

「陛下、今度は殺さないでください」第40話のネタバレと感想を紹介します!

⇒陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ一覧へ

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ第40話最新話と感想!ルペルトの優しさに戸惑うラリエット

執拗な捜索

何ももらっていないと言い張る店主。

ルペルトは部下に帳簿を探すよう指示すると、店を後にします。

ラリエットは店主の悲痛な叫び声を聞きながらも、ルペルトの後を追うしかありませんでした。

ルペルトの考えと父の敗因

あの店主がもし潔白だったらどうするのかと言うラリエット。

過去の父の姿があの店主と重なり胸を痛めます。

ルペルトは、何も悪い事をしていないなら帳簿を隠す必要はないだろうと。

 

そしてこれ以上騒ぐなら帰れと言い放ちました。

帳簿を偽装している根拠はと聞くラリエットに、そんなものはないと答えるルペルト。

イライラしながらも、自らの血で魔法陣を描きます。

 

潔白かそうでないか、いちいち確認していたら逆にこちらがやられてしまう。

もしそうなったらどうするのかと尋ねるルペルト。

ラリエットは内心そうなる事を望みながらも、彼の考えが正しい事も分かっていました。

 

上に立つ者は、常に配下の裏切りを警戒しなくてはいけない。

ラリエットの父はそれを怠った為、命を失う事になったのです。

 

それでも父の生き方を否定したくなくて、権力者は慎重に行動すべきだと進言するラリエット。

それを聞いたルペルトは、私は権力者ではないと笑います。

その時、魔法陣が輝きだしました。

ルペルトの優しさ

気が付くと、リーチェの家の近くに移動していました。

お前の目には未来の私は権力者に映っているのかと聞くルペルト。

彼の予想では、自分は近い将来命を失うと。

 

ラリエットは、自分が予想する未来ではあなたはベルネルニ帝国の皇帝になっていると伝えます。

彼女の言葉を聞いたルペルトは、ベアトリーチェ・ゴルテンとは知り合いかと聞きました。

友達だと認めると、会って情報を仕入れて来いと。

 

ラリエットは寒さでくしゃみが止まらなくなってしまいます。

そんな彼女を見かねて、自分の上着を脱ぎ彼女にかけるルペルト。

記憶の中のルペルトは、残虐的で冷たい人間でした。

 

ラリエットは現実の彼との違いに困惑します。

生まれ変わってからは、彼に復讐する為だけに必死に生きてきました。

彼に優しさを見せられると、決心が揺らいでしまいます。

 

今のルペルトは、自分と変わらない普通の子供です。

もし彼が残忍な人間になってしまった理由があるとしたら。

この憎しみはどこに向ければいいのかと戸惑うのでした。

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ第40話感想

執拗に帳簿を探すルペルトに、もしあの店主が潔白だったらどうするのかと聞くラリエット。

ルペルトは、いちいち確認していたらこちらが足元をすくわれてしまうと答えるのでした。

店主が潔白かどうかは今の時点では分かりませんが、あの慌て方を見ると何か隠しているのは間違いなさそうです。

 

ルペルトは足元をすくわれないように、怪しい者の動きを封じていたのですね。

ラリエットの父親は、人を信じ過ぎた為に命を失ってしまったのでしょうか。

 

常に誰かを疑い、常に命の危険にさらされていたら。

彼が残虐な人間になってしまうのも分かる気がします。

 

ゴルテンとは、リーチェの父親の事だったのですね!

リーチェが急に冷たくなった事や、前世でゴルテンから拒絶された理由と関係がありそうです。

 

今まではルペルトへの復讐だけを考えて生きてきたラリエット。

幼い頃の彼はごく普通の少年で、彼が残酷な人間になった事には何か理由がありそうです。

 

ラリエットと出会った事で、ルペルトの運命も変わるなら。

これからの二人には前世とは違う未来が待っているかもしれませんね!

陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ第40話最新話と感想!ルペルトの優しさに戸惑うラリエットまとめ

今回は漫画「陛下、今度は殺さないでください」40話のネタバレ、感想をご紹介しました。

足元をすくわれないように、自分の敵になりそうな者を排除してきたルペルト。

ラリエットは前世とは違い優しさを見せる彼に戸惑うのでした。

⇒陛下、今度は殺さないでくださいネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!