皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ18話最新話と感想!初めての社交

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」18話のネタバレと感想をまとめてみました!

誕生パーティに参加するイヴ。

その珍しさと予想外の人柄の良さから、イヴの周りには人が溢れています!

皇女、反逆者に刻印する18話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ18話最新話と感想!初めての社交

パネッロ男爵夫人

イヴはある人物に目を付けていました。

帝国を支える魔法と錬金術の動力である、“魔晶石”を管理するパネッロ男爵家の夫人です。

前世ではブリジッテに反旗を翻した家ということもあり、ブリジッテに対抗しなくてはならないイヴの味方になってくれると踏んだのでした。

 

1人で飲み物を選んでいる夫人に声をかけると、話題の人物であるイヴに声をかけられると思っていなかった夫人は驚きます。

男爵の代理で出席しているのかと聞き、愛妻家で有名な男爵が一緒に来ていたら、夫人を一人にするはずがないと言いました。

その言葉に夫人の表情は和らぎます。

 

男爵は仕事で忙しく来られなかったと言う夫人は、自分も役に立てればと勉強を始めたのだと微笑みます。

イヴはその聡明さを褒めた後、男爵家の領地にあるラセトラ川は50年ごとに氾濫を起こしていると伝えました。

城壁がなくなった地に魔物が襲撃して来ないよう注意した方が良いと言うと、夫人の顔は真っ青です。

 

初耳だと焦る夫人に対しイヴは、詳しく調べさせておくから家を訪ねてほしいと言います。

明日にでも伺うと感謝する夫人を見て、イヴは今日はここまでだと話を切り上げました。

社交的なイヴ

初めてパーティに出席したイヴの周りには人々が集まり、和気あいあいとした雰囲気です。

ブリジッテの不機嫌さを感じた第6皇子と第6皇女は怯え、何とか大人しくさせるためにイヴの元へ向かいました。

1人になったブリジッテは、専属騎士のイライザにあることを命じます。

 

ミカエルはいち早くふたりが近づいてきたことに気が付き、楽しそうに話すイヴに耳打ちしました。

イヴは風にあたってくると言ってその場を抜け、ふたりから遠ざかります。

足が疲れた

会場を抜けてミカエルと2人きりになったイヴは、久しぶりのハイヒールで足が痛むのを感じます。

ミカエルはつらそうなイヴを近くの椅子に座らせ、靴を脱がせてはだしの足に魔法をかけました。

足は楽になりましたが、ミカエルの急な行動にイヴはドキドキです。

 

座ってゆっくりしていると、遠くから足音が近づいてきます。

剣を構えるミカエルの前に現れたのは、ある人物でした。

皇女、反逆者に刻印する18話感想

イヴは初めての社交ですがなんとかうまくやれているようです!

ターゲットにも無事近づくことが出来ました。

 

イヴの周りにはたくさんの人が集まり、とても楽しそうでしたね!

人格者なので嫌われるわけはないと思っていましたが、さっそくブリジッテから目を付けられるほどの人気ぶりです。

ブリジッテの専属騎士が何を仕掛けてくるのか不安ですが、ミカエルがうまく対処してくれるはずです!

 

イヴが近づいた相手は、前世の未来でブリジッテに反逆を起こした家の夫人でした!

ブリジッテが皇太女になることが不満だった家なので、確かにイヴの側についてくれそうです。

また魔晶石を管理するほどの家なので、後ろ盾になればとても力強い存在になるでしょう。

 

イヴの足を癒すミカエルは、奴隷と言うより彼氏のようです。

ハイヒールは痛いので、ミカエルのような魔法が使える彼氏がいればいいのになと思ってしまいました。

精神面でも体の面でも、ミカエルはイヴの良いサポーターになってきています!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ18話最新話と感想!初めての社交まとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」18話のネタバレと感想を紹介しました!

ターゲットに近づく目的を達成したイヴ。

そんなイヴに逆に近づいてきたのは誰なのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!