悪女の定義

悪女の定義ネタバレ117話最新話と感想!芙美主催のお見合いパーティー

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」117話のネタバレと感想をまとめてみました!

アルテミルの卒業パーティーを開催する芙美。

息が詰まる日々の中、久しぶりの楽しい時間を過ごします。

悪女の定義117話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ117話最新話と感想!芙美主催のお見合いパーティー

お見合いパーティー

アイリーンはまだ寝込み続けていますが、彼女の扱いは少しずつ変わっていきました。

厳格な調査の対象とされ、皇宮にもその緊張感が漂い、芙美は息が詰まるような日々を過ごします。

そんな中、狩猟祭で話題に出した、兄アルテミルの卒業を祝うパーティーの日が訪れます。

 

芙美が到着すると、レオナ夫人が迎えてくれました。

忙しい中準備を進めるのは大変だったでしょうと労われますが、忙しい芙美に代わって準備を進めてくれたのはラブエルとばあやです。

芙美は少し口を出しただけですが、それでも到着した芙美の周りにはたくさんの貴族たちが集まります。

久しぶりの家族

人々と楽しく話していると、アルテミルが声をかけに来ます。

久しぶりに会った二人は抱き合って挨拶を交わし、芙美は兄のために開催したパーティーなのだから、いろんな女性たちと仲良くなるよう伝えます。

 

言われなくてもわかっていると不満そうなアルテミルをからかっていると、両親も到着しました。

あまりからかいすぎないよう両親が芙美を窘めるのを聞いたアルテミルは、女性関係がないわけではないと強がります。

しかし詳しく聞くとそれは4歳の時の話で、アルテミルはその場から逃げてしまいました。

不機嫌な皇太子

芙美は引き続きパーティーを楽しみます。

久しぶりの心休まる幸せな時間を楽しんでいると、戻って来たアルテミルからダンスに誘われました。

受け入れた芙美ですが、他の女性からの羨ましそうな視線が突き刺さります。

 

却ってアルテミルの婚期を遅くしてしまっている気がすると苦笑いを浮かべていると、視界に入ったのは皇太子でした。

また誘うと嬉しそうなアルテミルに皇太子は近づき、芙美は今後自分のパートナーだと宣言します。

アルテミルはまだそんな関係ではないと挑発し、ふたりはバチバチと睨み合い始めてしまいました。

 

危ない空気を感じた芙美は、皇太子を連れてその場を離れ、ふたりは会場の外へ出ます。

忙しかったのではないかと聞くと、皇太子は芙美が初めて主催するパーティーなのだからと答えました。

嬉しく思う芙美ですが、皇太子はどこか不機嫌そうです。

 

そろそろ戻らなくてはならないと言われ見送ろうとすると、一緒に皇宮へ戻ろうと言われます。

主催者だからと断ろうとしますが、皇太子の表情は固く、とても受け入れてくれそうにありません。

悪女の定義117話感想

芙美主催のパーティーが開催されました!

久しぶりに家族と顔を合わせた芙美は、楽しい時間を過ごします。

 

芙美がパーティーを主催するのは初めてですね!

狩猟祭は話の後にとんでもないことになっていましたが、話は流れることなく、しっかり開催されました。

家族にも久しぶりに会うことが出来て、のびのびとした芙美を見られて良かったです!

 

パーティーの間も、アイリーンへの調査は進められているのでしょう。

芙美に関する悪い噂が消えていなければ、パーティーに参加することもなかったかもしれません。

芙美にとってすべてがうまく進んでいるように見えます!

 

またアルテミルと皇太子は以前よりも仲が悪くなってしまったようですね。

兄弟にも嫉妬するのは異常ですが、皇太子が不機嫌なのはそれだけではなさそうです!

悪女の定義ネタバレ117話最新話と感想!芙美主催のお見合いパーティーまとめ

今回は、「悪女の定義」117話のネタバレと感想を紹介しました!

突然現れた不機嫌そうな皇太子。

何か良くないことでも起こったのか、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!