全ては勘違いだった

全ては勘違いだったネタバレ第25話最新話と感想!生き物の命を奪わない理由

「ピッコマ」連載漫画の「全ては勘違いだった」第25話のネタバレと感想をまとめてみました!

ある日、母親のパトシアから呼ばれたノクターン。

15歳のノクターンに起こった出来事とは…?

「全ては勘違いだった」第25話のネタバレと感想を紹介します!

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

全ては勘違いだったネタバレ第25話最新話と感想!生き物の命を奪わない理由

生き物の命を奪わない理由

ノクターンが15歳の時。

幼い頃は周囲から見下されていたノクターンでしたが、今では彼の能力を認める声が多くなりました。

次期エドガー公爵は彼に間違いないだろうと言われています。

 

最近、母親のパトシアが何もしてこない事に一抹の不安を覚えるノクターン。

ある日、彼女の部下のいたずらによって落馬した彼は、パトシアに呼ばれます。

部屋に入ると、落馬して足を捻ったのかと尋ねるパトシア。

 

用件を聞くノクターンに、傷口に付けろとある物を手渡します。

彼女が用意した物は聖水でした。

今日中に治らなければ神官を呼ぶと言う彼に、聖水の方が効くからと引きません。

 

あなたの身体が一番大事だと言うパトシアの言葉を聞いたノクターン。

聖水を手に取り戸惑っていると、突然パトシアが笑い出しました。

ノクターンは黒魔法がばれたのだと察します。

 

あなたの才能が、皆から嫌われる黒魔法だったとはと笑うパトシア。

ノクターンに近付くと、傷口に聖水をかけました。

苦痛に顔を歪める彼に、悪魔だと言い放ちます。

 

そしてドルーアも魔法を使って誘い出したのかと聞きました。

ノクターンの本性を知れば、皆が怖がるはずだと。

ドルーアは兄の結婚相手にちょうど良いと笑うパトシア。

 

怒りに震え、ノクターンが彼女に手を掛けようとしたその時。

「絶対に命を奪ってはだめ」というドルーアの言葉が浮かんできました。

今までノクターンが一度も生き物の命を奪わなかったのは、彼女と約束したからだったのです。

聖水の影響

あの日以来、パトシアは食事の際妙な事をし始めました。

最近他人を操ろうとする者がいるからと、用心の為に聖水を飲むように勧めます。

言われるままに聖水を飲む家族たち。

 

ノクターンもグラスに注がれた聖水を飲み干します。

未だある事実に気付いていない様子のパトシア。

それは、少量の聖水ならばノクターンにとっては脅威にならないという事でした。

全ては勘違いだったネタバレ第25話感想

15歳の頃のノクターンは、落馬したある日パトシアから呼ばれます。

傷口に聖水を付けろと命じる彼女に戸惑うノクターン。

パトシアは息子が黒魔法使いだという事に気付いていたのですね!

 

息子を笑い、傷口に彼にとって猛毒の聖水をかけるなんて。

とても母親のする事とは思えませんね!

こんな環境で育ったのなら、ノクターンの性格が歪み、今のようにひねくれてしまったのも納得です。

 

毎晩食事の際に聖水を飲むように勧めるパトシア。

彼女は3人の息子たち全員に愛情がないようですが、特にノクターンの事を目の敵にしているようです。

父親も彼女の言いなりで情けないですね。

 

素直に聖水を飲むノクターン。

グラス一杯の聖水ぐらいなら影響はないとの事。

 

息子の力を弱らせるどころか、何の影響もない事を知れば発狂しそうな気がします。

今のノクターンは15歳の頃よりも力を付けているでしょうし、いつか母親に逆襲して欲しいですね!

全ては勘違いだったネタバレ第25話最新話と感想!生き物の命を奪わない理由まとめ

今回は漫画「全ては勘違いだった」25話のネタバレ、感想をご紹介しました。

15歳の頃、黒魔法使いだという事がパトシアに知られてしまったノクターン。

それ以来パトシアは彼に食事の際に聖水を飲むよう強要するのでした。

⇒全ては勘違いだったネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!