影の皇妃

影の皇妃ネタバレ25話最新話と感想!ベロニカ登場

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」25話のネタバレと感想をまとめてみました!

  エレナがベロニカとして初めて皆の前に姿を現すと、その美しさに会場の貴族たちから称賛の声が上がります。

リアブリックは、エレナの傍にぴったりとついていました。

影の皇妃25話のネタバレと感想を書いていきます!

影の皇妃ネタバレ25話最新話と感想!ベロニカ登場

ベロニカ復活

エレナは、2階から宴の様子を見ていました。

フランツェ大公が談笑しているのを見ながら、いつか引きずりおろしてやろうと改めて決意します。

 

リアブリックがエレナを迎えに来ました。

これから祝辞が始まるので、いよいよベロニカとして皆の前に出るのです。

緊張している様子のエレナに、リアブリックは何かあれば助けに入るので心配はいらないと言いました。

 

いよいよ、ベロニカが紹介され、エレナは優雅に階段を下っていきます。

出席者たちはベロニカの美しさに見とれ、称賛の拍手を送りました。

ベロニカと出席者たちの歓談

祝辞と乾杯の後、大公はベロニカに、まだ本調子ではないのだから、と気遣いとも思える言葉を掛けました。

エレナはこれから自分の時間を楽しもうと思っていますが、まずはピッタリひっついてくるリアブリックを引き離したいところです。

 

憧れの眼差しを向けてくる令嬢たちが、エレナに挨拶に来ました。

お互いの美しさを称え合うなど、にぎやかな歓談が始まります。

 

1人の令嬢が、以前ベロニカが話していた庭園の話を聞きたいというと、すかさずリアブリックが割って入りました。

しつこく話し掛けるのは失礼だと令嬢を睨みます。

アヴェラとの再会

そこへ、お久しぶりとアヴェラが現れました。

アヴェラは、4大名家のうちの一つであるラインハルト家の長女で、若くして社交界に大きな影響力を持つことになる女性です。

 

アヴェラはベロニカが姿を消していた2年間のうちに、ベロニカ側の令嬢たちを全て自分の味方にしていました。

ベロニカとは犬猿の仲で派閥争いもしていた女性ですが、ベロニカ同様皇太子妃候補となり、最後までベロニカと競り合う人物です。

 

ベロニカとアヴェラは、親しげに久しぶりの挨拶を交わしました。

外見的にはとても仲が良さそうですが、2人の間には見えない火花が散っています。

アヴェラがベロニカに学術院に通うのかと尋ねると、リアブリックがまた割って入り、公女は復学する予定だと答えました。

レンの乱入

令嬢たちが和やかに話に花を咲かせていると、一人の男が乱暴な様子で割り込んできました。

レンが、自分も仲間に入れてくれといって立っています。

 

アヴェラや他の令嬢たちは、怖がって離れて行ってしまいました。

レンがベロニカを見つけて話し掛けてきます。

影の皇妃ネタバレ25話感想

レンは、何をしたいのでしょうか。

雰囲気を悪くして、宴を台無しにしたいということかな?

 

大公家への恨みがあるとしても、もう少しいいやり方がありそうですが。

大公に恨みをもっているのはエレナと同じなので、手を組めないものでしょうか。

 

もしや、他の貴族たちがいる前で、また本物のベロニカかどうかを試すようなことをするつもりとか?

それでも、前の人生で一回経験済のエレナには問題ないでしょうから、安心…ですよね、多分。

 

リアブリックは、エレナが下手なことを言わないよう、ぴったりくっついています。

でも、学術院に復学するということなら、そこで色々おしゃべりをするでしょうし、今だけ見張っていてもどうなんでしょうね…?

影の皇妃ネタバレ25話最新話まとめ!ベロニカ登場

今回は影の皇妃25話のネタバレと感想を紹介しました!

エレナがベロニカとして優雅に貴族たちの前に登場し、皆はベロニカの美しさに感嘆の声をあげます。

しかし、またもや不遜な態度をとるレンが乱入し、ベロニカにからんできました…

スポンサーリンク

error: Content is protected !!