影の皇妃

影の皇妃ネタバレ26話最新話と感想!エレナとレンのダンス

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「影の皇妃」26話のネタバレと感想をまとめてみました!

レンは乱暴にエレナの手を引っ張り、無理やりダンスを始めます。

実はレンが来るのを待っていたエレナでした…。

影の皇妃26話のネタバレと感想を書いていきます!

影の皇妃ネタバレ26話最新話と感想!エレナとレンのダンス

レン・バスタージュ登場

いつものように乱暴な様子でレンが現れたのを見て、リアブリックは緊張しています。

しかしエレナは、レンを利用するつもりで待っていました。

 

レンがエレナに近寄ろうとすると、リアブリックがその間に立ち塞がります。

レンはリアブリックを押しのけてエレナの腕を掴み、踊ろうといってフロアの中央に連れて行きました。

その粗暴な様子を見て、周りの出席者たちは眉をひそめています。

 

貴族たちが見守る中、レンとエレナはダンスを始めました。

レンはエレナの手を痛いくらいの力で握り、その憎しみの強さを感じさせます。

 

なぜこんなことをするのかと聞くエレナに、レンはベロニカだからという理由だけだと答えました。

レンは剣の天才ではありますが、大公家との百年条約が自分を拘束しているために、大公家に大きな憎しみを抱えています。

だから、ベロニカを嫌うのは当然のことでした。

レンを挑発するエレナ

エレナはニヤリと笑い、滑稽だと答えました。

レンが哀れで見ていられないとも言って挑発します。

 

自分を刺激しないように警告したはずだと凄むレンに、不満があれば噛みつけばいいと返すエレナ。

レンは、自分が噛みつけば大公とベロニカは命を落とすのだと言います。

自信があるなら好きにしたらいいとエレナが言うと、レンは信じられないという目をしました。

 

頭がおかしくなっているのかと言うレンに、エレナは極め付きの一言を投げつけます。

噛みつけない理由は、レンが根っからの下僕だからだ、と。

 

カチンときたレンが言い返そうとしたとき、エレナがレンを突き飛ばしました。

レンは足首を捻り、見事に尻餅をついてしまいます。

 

その様子を見ていた貴族たちは、レンは礼儀もないがダンスも下手だと嘲り大笑いしました。

怒りに体を震わせているレンを見て、エレナは吹き出します。

 

レディに無礼なことをするからだとシレっとしているエレナ。

レンはニヤリと笑い、大きな声で笑い出しました。

影の皇妃ネタバレ26話感想

エレナは、レンが来るのを待っていて、レンを利用したようです。

リアブリックを引き離すためでしょうか。

さすがのリアブリックも、レンのことはどうしようもない様子ですからね…。

 

レンを使ってリアブリックから離れて、何をするつもりなのか楽しみです。

宴の出席者に中に、エレナの計画にとって重要な人物がいるということでしょうね。

 

それにしてもレンという人物は、剣の腕は立つのかもしれませんが、頭脳はいまいちのような感じですね…。

前話までの様子では、乱暴ではあるけれど鋭い人なのかなと思っていましたが。

 

まさか、こんなに易々とエレナに挑発されて怒るとは。

賢い人物なら、冷静にもっといいやり方で大公家にダメージを与えることができそうなものです。

 

これなら、ただエレナに利用されるだけの人で終わるのかしら?

せっかく剣の天才なのだったら、エレナと一緒に大公を倒して欲しかったのですが。

影の皇妃ネタバレ26話最新話まとめ!エレナとレンのダンス

今回は影の皇妃26話のネタバレと感想を紹介しました!

無理やりエレナをダンスに誘うレン。

踊りながらも、レンはエレナに大公家への憎しみをぶつけ続けます。

 

しかしエレナはダンスをしながら逆にレンを挑発し続けて怒らせ、しまいには突き飛ばして転倒させました。

何を思ったか尻餅をついたままで大笑いをするレンでしたが…。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!