怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ123話最新話と感想!侵入者に対する数々の罠

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」123話のネタバレと感想をまとめてみました!

エピアルテスの霧を抑え込もうとしている聖騎士たちのもとへ、小瓶をもって現れたテフェンテール。

小瓶の中の薬を飲んで者は、みるみるエピアルテスの症状が引いていって…?

怪物公爵と契約公女123話のネタバレと感想を紹介していきます!

⇒怪物公爵と契約少女ネタバレ一覧へ

怪物公爵と契約公女ネタバレ123話ネタバレ最新話と感想!侵入者に対する数々の罠

薬の効果

テフェンテールは小瓶に入った青色の液体を、熱の花が咲いている近くの男性に飲ませ始めます。

すると苦しそうにうめき出したので、余計に悪くなっているような…と呟く聖騎士。

美味しくないといって盛大に吐きだす男でしたが、次の瞬間咲いていた熱の花が消えていることに気付きます。

 

その様子に聖騎士たちが驚いているとエッフェン伯爵が現れ、幸せの夢という名前の治療薬であると自信満々に説明しました。

薬草自体が少ない上に製造工程が複雑なので、量産するためにエッフェン伯爵家のものたちが必死に作っているとのことです。

 

とはいえもし3つ目の鍵が開かれ悪夢が解かれてしまうと、薬ではどうしょうもなくなると言うテフェンテール。

レンティウス団長は必ず食い止めると誓うと、聖騎士がエピアルテスの箱を回収したとの報告が入ってきました。

サルバトール公爵家の強さ

その知らせを聞いたテフェンテールは、サルバトールの屋敷へ急ぎ戻ろうとします。

それは、薬を作れる人間や証人がいる屋敷をエタイたちは狙うだろうと予想したからでした。

聖騎士たちがサルバトール公爵家を心配しますが、あそこは屋敷も使用人も強いから大丈夫だとテフェンテールは言います。

 

テフェンテールの予想通り襲撃を受けているサルバトール家では、メイドのマーデルが逃げ回っていました。

階段を登ろうとする侵入者に対して仕掛けを発動させ、階段上から布をかぶせて捕まえたマーデル。

そのとき使用人たちが出てきたかと思うと、全員で侵入者たちを袋叩きにしました。

 

その頃屋敷の別の場所では1人の馬小屋番が侵入者に捕まってしまい、無理やり屋敷内の案内をさせられています。

彼らは元候補生の2人と、エピアルテスの治療薬に精通しているものを拉致するため屋敷にやってきました。

居場所がわからないので使用人を捕まえて案内させていましたが、馬小屋番の様子がおかしいと侵入者の1人が怪しみます。

 

しかしナイフを突きつけられた彼はオロオロとするばかり。

そのとき廊下の先に顔を隠した子供が立っていることに気づいた侵入者は、証人の子供に違いないと追いかけ始めました。

逃げた子供を捕まえようとロープを投げつけると、足に絡みつき子供は転んでしまします。

捕まえたと喜んだのもつかの間、馬小屋番の雰囲気が急に変わったかと思うと侵入者の1人を切りつけました。

すると近くで隠れていた騎士たちも現れ、全員を捕まえようとします。

 

馬小屋番に手を差し伸べられた子供が顔をあげると、その正体はレスリーの友人であるシェリス。

侵入者たちに罠を仕掛けるため自ら囮となり、彼らの目を引きつけることに成功しました。

シェリスは、レスリーの役に立てたなら嬉しいと言って笑みを浮かべます。

 

そのとき、ルーエンティの実験室から大きな爆発音が聞こえてきました。

侵入者はルーエンティの自室に掛けられた仕掛けに驚いていると、中からは執事のシーナが現れるのです。

怪物公爵と契約公女ネタバレ123話感想

テフェンテールとエッフェン伯爵が急いで作っていた治療薬が完成し、エピアルテスに効果があることが実証されましたね。

この薬さえあればエピアルテスが解かれても大丈だと思いましたが、多くは作れないようです。

 

もしも3つ目の鍵が解かれて世界中に広まってしまえば、伝染病はおさえられないでしょう。

エピアルテスの箱は取り返したようなので、これ以上鍵が解かれないことを願うばかりです。

 

今回の話ではサルバトール公爵家の襲撃があるというハラハラする展開でした。

しかしメイドから料理人まで侵入者に対し躊躇なく攻撃をするあたり、普段からアシュラが教育していることがわかります。

 

そして侵入者たちの目的は元候補生とエピアルテスの薬に精通する者。

薬といえばエッフェン伯爵家が詳しいのでシェリスが登場するとは思いましたが、囮役までこなしていましたね。

侵入者に追われるのは怖かっただろうに、レスリーのためならと協力してくれるあたり2人の絆が見えました。

 

順調に侵入者を捕まえていくサルバトール家でしたが、その数はかなり多い様子。

最後の場面で出てきた執事のシーナは、いつもの穏やかな様子から想像できないくらいラスボス感が漂っていましたね。

この調子ならあっという間に全ての侵入者を捕まえることができそうです。

怪物公爵と契約公女ネタバレ123話最新話と感想!侵入者に対する数々の罠まとめ

今回は、「怪物公爵と契約公女」ネタバレ123話最新話と感想を紹介しました。

テフェンテールが持ってきた薬のおかげで、エピアルテスの症状からみるみる回復する町の人達。

一方襲撃を受けているサルバトール公爵家では、数々の罠で侵入者を撃退しようとしています。

⇒怪物公爵と契約少女ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!