怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ14話最新話と感想!計画失敗

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」14話のネタバレと感想をまとめてみました!

計画が失敗した上、レスリーが連れ去られたと知って激怒するスペラード侯爵。

救出されたレスリーは、サルバトール公爵邸で保護されています。

公爵は、スペラード侯爵邸に乗り込んで行き…。

怪物公爵と契約公女14話のネタバレと感想を紹介していきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ14話最新話と感想!計画失敗

レスリーを助けたリンツェ騎士団

燃えている馬車の背後から、斧を持った男たちがベスラン達に近付いてきます。

レスリーを助けた礼をいい、レスリーを渡すようにと言ってきました。

 

ベスランが別の騎士にレスリーを預け、斧を持った男の首に手をまわすと、男は、この火事は事故で、斧は万一のために持っているものだといいます。

ではなぜ馬車の扉に閂がかけてあるのか、と騎士が問いました。

 

すると男たちは、ベスラン達に誘拐犯ども、と言いながら襲い掛かろうとします。

ベスランが名前を名乗り、リンツェ騎士団だと告げると、男たちは驚いて逃げていきました。

サルバトール公爵邸

レスリーは、恐ろしい夢をみていました。

炎に追いかけられ首を絞められる夢です。

 

目が覚めると、サルバトール公爵が心配そうに見ていました。

皮膚が焼けていたので、神殿で司祭に治療してもらったそうです。

 

今はゆっくり休養をとるようにと公爵はいいます。

公爵はレスリーをなで、眠るまで傍にいてくれました。

公爵の手はあたたかく、レスリーは安心して眠りにつきます。

 

公爵は、なぜスペラード侯爵が自分の娘の馬車に火をつけるのか知るために、スペラード家に行ってみることにしました。

スペラード侯爵邸

侯爵が荒れていると使用人から聞いたエリーが階段を下りて行くと、スペラード侯爵が斧を持った男たちを怒鳴りつけているのが聞こえます。

エリーは、父と男たちの会話から、自分が助けを求めた騎士がサルバトールだと知りました。

サルバトールなら侯爵もうかつに手を出せないので、レスリーは戻ってこないかもしれない、とエリーは思います。

 

エリーは、自分とレスリーの立場が逆転するのを恐れていました。

レスリーの力が分かれば、自分が生贄にされるかもしれないのです。

 

そこに、サルバトール公爵がスペラード侯爵と話をしたいと訪問しました。

侯爵が何を企んでいるのか探ろうという目的です。

怪物公爵と契約公女ネタバレ14話感想

エリーの行動は自分を守るためとは言え、結果的にはレスリーを侯爵邸から救い出してくれることになりました。

もう本当に、良かったです。

エリーに同情するつもりはありませんが、元はと言えば侯爵夫妻がエリーをそのように育てたのですから、エリーも犠牲者なのかもしれません。

 

公爵が、今回スペラード侯爵とどれくらいの話をするつもりなのか分かりませんが、スペラード侯爵はレスリーを離そうとはしないでしょうし、どんな手を使っても取り戻そうと考えるでしょうね。

次はどんな汚い手を考えるでしょう。

 

スペラード侯爵がのどから手が出るほどほしい力を持っているレスリーを諦めることは決してしないはずです。

おそらく、レスリーの望み通り侯爵家を没落させるまで、両家の争いは続くのではないでしょうか。

でも公爵家にはベスランもいますし、スペラード侯爵が卑怯な手を使ってきたら、バシバシ返り討ちにしてやって欲しいです!

怪物公爵と契約公女ネタバレ14話最新話まとめ!計画失敗

今回は怪物公爵と契約少女のネタバレと感想をご紹介しました!

侯爵の計画は、エリーの通報により失敗に終わりました。

エリーは、レスリーが侯爵邸に帰ってきて、自分と立場が逆転することを恐れています。

公爵は、レスリーを馬車ごと焼こうとしたスペラード侯爵に怒りを覚え、侯爵家の事情を探るべく、自らスペラード邸に乗り込みました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!