怪物公爵と契約公女ネタバレ147話最新話と感想!サイレーンの勘違い

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」147話のネタバレと感想をまとめてみました!

互角の戦いを繰り広げるアシェラとサイレーン。

アシェラの援軍がきたとき、彼女がとった行動とは…?

それでは「怪物公爵と契約公女」147話のネタバレと感想を紹介します!  

⇒怪物公爵と契約公女ネタバレ一覧と結末予想ページへ

怪物公爵と契約公女ネタバレ147話最新話と感想!サイレーンの勘違い

自己紹介するアシェラ

剣を交えながら自己紹介する余裕のあるアシェラ。

そこへサイレーンの仲間が助けにはいりますが、サイレーンは手出ししないよう言います。

 

魔剣使いであるアシェラは、激しい火の攻撃をしました。

ここまで強い魔剣使いであることを知らなかったサイレーン。

すると、アシェラを呼ぶ声が聞こえます。

熊と呼ばれた男

アシェラはサイレーンとその仲間たちを逃がすことに。

そのとき、サイレーンが落とした紋様が書かれた布を見つけました。

 

追ってきたテフェンテールと騎士たちは、何がいたのかと問います。

アシェラは、熊がいたと答えました。

大切なもの

仲間たちとの思い出が詰まった大切な紋様。

落としたことに気づいたサイレーンは、夜遅くにも関わらず探しに出ます。

 

昼間の場所へといくと、そこにはなんとアシェラが。

アシェラに布を返され、戸惑うサイレーン。

なぜ返してくれるのかと問いました。

勘違い

昼間見逃したのも布を返しに来たのも、アシェラには理由があります。

それはサイレーンのことを気に入ったから。

優れた人材として育てたいと思っていたのです。

 

異性としての好意だと勘違いし、まっ赤になったサイレーン。

勘違いしたサイレーンを見て、アシェラは大きな声で笑いました。

怪物公爵と契約公女ネタバレ147話感想

前話に引き続き、アシェラとサイレーンが出会ったときのお話でしたね。

サイレーンも強いですがアシェラのほうが余裕があるように見えます。

 

敵同士である2人の距離を縮めたのは、1枚の布でした。

サイレーンが孤児院時代から大切にしていたものなのでしょう。

かなり年季が入っているものの、大事にしている様子が伝わりますね。

 

傭兵というとどんな仕事も金次第で受ける荒くれ者、というイメージがあります。

なのでサイレーンのように安全を願う姿が、アシェラも意外だったのでは?

傭兵というよりも、騎士のようだと思いました。

 

サイレーンの強さと真面目な性格を気に入った様子のアシェラ。

サイレーンも、アシェラが想像していた怪物とは違うと気づいたのでしょう。

 

アシェラはサイレーンを、騎士として迎えるつもりだったのかもしれません。

しかしサイレーンの勘違いが2人をさらに近づけたのではないでしょうか?

このあと互いに異性として意識するようになるのでしょう!

怪物公爵と契約公女ネタバレ147話最新話と感想!サイレーンの勘違いまとめ

今回は「怪物公爵と契約公女」147話のネタバレと感想を紹介しました!

サイレーンの力と性格を気に入ったアシェラ。

それを好意だと勘違いして赤くなるサイレーンが可愛いですね。

2人の距離がどんどん縮まっていくのが楽しみです。

⇒怪物公爵と契約公女ネタバレ一覧と結末予想ページへ

error: Content is protected !!