怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ23話最新話と感想!魔法の訓練開始

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」23話のネタバレと感想をまとめてみました!

スペラード家の人間だからとレスリーに警戒心を持っていたルーエンティでしたが、すっかり哲学者の話題で盛り上がってしまいます。

一方、ベスランは公爵家に入り込んでいたスパイを捕まえました。

怪物公爵と契約公女23話のネタバレと感想を紹介していきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ23話最新話と感想!魔法の訓練開始

ルーエンティとの訓練

ルーエンティはレスリーの知識量に驚き、天才だと言いました。

アカデミー卒業生でも、古典語と神語は初級に満たないまま卒業する学生も多いからです。

大抵は貴族の息子たちなので支障はないのですが。

 

レスリーは今までスペラード家の教師に怒られてばかりいたので、自分が足りてないと思ってビクビクしていましたが、ルーエンティに天才と言われて安心しました。

初めて、自分は足りてなくはなかったのだ、と思います。

 

学力を考えると何をやらせてもついてこれそうだとルーエンティは思いました。

レスリーの理論は十分というより完璧です。

まず力のコントロールから始めようと思いました。

 

1年あれば十分だろうと、ルーエンティはこれからの訓練の計画を考え始め、ハッとします。

つい、レスリーに心を許してしまっている自分に気付きました。

サルバトール家最後の砦として、自分だけはレスリーに騙されるわけにはいかないと思います。

 

でも、レスリーがルーエンティの大好きな哲学者・ナイロキアについての話をすると、やはり共感して盛り上がってしまい、どうにも止められません。

結局、レスリーと仲良くなってしまいます。

 

そしてルーエンティは、部屋を闇で飲み込んでみるようにレスリーに言いました。

瞬間にして、部屋は真っ暗になります。

 

ルーエンティは初めてレスリーの闇の力を見せてもらい、心底驚きました。

千年以上隠されてきたスペラード家の力に圧倒されます。

 

やっと公爵がレスリーを養子にした理由が納得できました。

ルーエンティに頭をなでられたレスリーは喜んでいます。

 

次にレスリーがやらなければならないことは、闇の力のコントロールです。

大きな力だけではなく、小さな力も使えるように訓練をすることになりました。

 

ルーエンティによると、レスリーの体力のなさが問題だと言うのです。

体を鍛えればレスリーは今よりも上手に力を使えるようになる、とルーエンティが断言しました。

スパイ発覚

サルバトール家の牢で、ベスランが捕まえたスパイを公爵が尋問していました。

東棟の使用人だった男です。

 

口封じをされているのか、まったく口を割りません。

公爵が真実を話すよう迫ると、男は血を吐いてこと切れました。

怪物公爵と契約公女ネタバレ23話感想

公爵家に入り込んでいたスパイは、誰の差し金なのでしょうか。

そして、それは何のため?

公爵が言っていたようにサルバトール家には敵が多いとはいっても、普通の妬みなどではありませんね。

 

ルーエンティはレスリーに心を許すまいと頑張っていましたが、ついに陥落してしまいました(笑)

やはり、好きなものや尊敬する人が同じだと、親近感が増しますよね~。

 

レスリーがこれまで辛い中で身に着けてきた知識、そして闇の力。

なにより、レスリーの真っすぐな性格と愛らしい容姿。

それが、スペラード家を憎むルーエンティでさえも虜にしてしまったのですね。

怪物公爵と契約公女ネタバレ23話最新話まとめ!魔法の訓練開始

今回は「怪物公爵と契約少女」23話のネタバレと感想を紹介しました!

サルバトール家で自分だけはレスリーに心を許すまいと警戒していたルーエンティでしたが、すっかり哲学の話が盛り上がり、また、レスリーの闇の力に魅了されてしまいました。

一方、ベスランが公爵家に入り込んでいたスパイを捕まえて…。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!