怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ31話最新話と感想!皇帝の不安

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」31話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇帝はサルバトール公爵を呼び、貴族裁判を避けるためにレスリーを返すよう説得を試みます。

しかしスペラード侯爵が行っていた虐待の数々を知り…。

怪物公爵と契約公女31話のネタバレと感想を書いていきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ31話最新話と感想!皇帝の不安

皇帝の胸ぐら

皇帝の胸ぐらを掴んでいるかも、というルーエンティに真っ青になったレスリーですが、よく聞くと、公爵が皇帝を困らせている状況をサルバトール家の人たちが「慣用句的に」表現しているそうです。

それでも、若い頃は本当に戦場で皇帝の胸ぐらを掴んだことがあるとか…。

 

世界史の勉強のあと、レスリーはルーエンティと、小さい力を使う練習を始めました。

以前に較べて格段に上達したレスリーですが、課題は少しずつ難しくなります。

祝福の名

王宮に向かう馬車の中で公爵と執事が話をしていました。

レスリーに「祝福の名」を授かるため、近々神殿に行く予定です。

 

貴族の家では、生まれた子供の幸せを祈って神殿に多額の寄付金を納め、神殿はその子供を祝福してミドルネームを授けることになっています。

このミドルネームが祝福の名と呼ばれるもので、下級貴族や没落寸前の貴族でもミドルネームを持っているのですが、レスリーにはありません

皇帝との話し合い

公爵を待っていた皇帝は、使用人が退出し公爵と二人になると突然オロオロした様子になりました。

皇帝は、貴族裁判を開いて欲しいと言う意見を何とか抑えてきたのですが、アーレンド王子やマディア太后まで出てきて、もう防ぎようがないというのです。

 

サルバトール家を良く思わない貴族たちは、貴族裁判となれば皆、サルバトールを徹底的に追い込もうとすることでしょう。

そのために手段を選ばない者も出てくると思われます。

スペラード侯爵は、公爵は人間の子供を食らうという悪質な噂を流しているそうです。

 

皇帝はサルバトール公爵が不名誉な事態になるのを避けるため、スペラード侯爵の次女を返して和解するように勧めました。

病気の子供を拉致したなどということで貴族裁判になってはタダでは済まないと心配しているのです。

 

しかし公爵は、スペラード侯爵の要求通り裁判を開くことを希望しました。

そして、侯爵がこれまでレスリーにしてきたことを記載した書類を皇帝に示します。

怪物公爵と契約公女ネタバレ31話感想

公爵がカッコ良すぎる…!

誰が出てきたとしても負けないという、根拠のある自信。

公爵には、裁判で勝利できる確信をもてるような何かがあるのでしょう。

 

皇帝は、どうやらマディア太后がサルバトールにしていることを知っていて、心配しているみたいですね。

皇帝は公爵をとても信頼している様子です。

ちょっと気が弱そうだけど、いい人そうですから、スペラード侯爵の非人間的な行いを知れば、王子とエリーの婚約も考え直すのではないでしょうか。

 

馬車の中で公爵と執事が話していた「ランダの花」というのは、太后のことなのかしら?

太后がサルバトールにスパイや罠を仕掛けているのでしょうか。

だとしたら何のために?

 

その太后がレスリーに興味を持ったということは、レスリーも無関係ではいられないでしょう。

平和な日々はしばらくお預けになるかもしれませんが、サルバトールの一員として、堂々と闘って勝利してくれることを信じます。

怪物公爵と契約公女ネタバレ31話最新話まとめ!皇帝の不安

今回は怪物公爵と契約公女31話のネタバレと感想を紹介しました!

貴族裁判になればサルバトール公爵の名誉にかかわると心配した皇帝は、スペラード侯爵との和解を勧めます。

しかし公爵は裁判で勝つ自信がある様子で、スペラード侯爵がレスリーに行っていた虐待の数々を記した書類を皇帝に見せました。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!