怪物公爵と契約公女

怪物公爵と契約公女ネタバレ49話最新話と感想!サルバトールの心

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「怪物公爵と契約公女」49話のネタバレと感想をまとめてみました!

スペラード家のことが頭から離れないレスリーに、サルバトール騎士団長のハルトはサルバトールの心を学び行動することを勧めます。

そして、血は重要でないとも…。

怪物公爵と契約公女49話のネタバレと感想を書いていきます!

怪物公爵と契約公女ネタバレ49話最新話と感想!サルバトールの心

騎士団の訓練

レスリーは、騎士団の朝の訓練を見学しています。

団長のハルトは、レスリーが最近よく眠れないと聞いて心配そうに話し掛けてきました。

 

レスリーは、自分が嫌いな人のことが頭から離れないときはどうするかと聞いてみます。

するとハルトは、サルバトールの心を学び行動することを提案しました。

 

サルバトール家の人たちが誰かの顔色を窺っているのを想像できるか、とハルトは聞きました。

レスリーが思う通りに行動すればいい、と言うのです。

 

ハルトは、帝国に反旗を翻したイトバーナ王国の出身でした。

外国人であるハルトは、サルバトールの血をひいていないことに引け目を感じているレスリーに対し、重要なのは血ではなく、今とこれからをどう生きていくということだと話します。

大ミサ

神殿には大ミサのため大勢の人たちが集まっていました。

公爵は、司祭にレスリーを娘だと紹介します。

 

周りにいた貴族たちが、レスリーを見て色々と噂していました。

公爵は、みんなにレスリー公女のことを周知させるため、司祭に紹介したのです。

 

中に入って席に着くと、頭上に美しいステンドグラスがあるのに気づきます。

前回、スペラード家の一員として出席した時は後ろの方に立ったままで、ステンドグラスは目に入っていませんでした。

 

そのときは、失敗しないように、家庭教師の質問に答えられるように、家族から愛されるようにとお祈りしたのですが、今回は違います。

神様が以前の願いを聞き入れてくれなかったことに、そして、新しい家族に会わせてもらったことに感謝の祈りを捧げました。

神殿の外で

レスリーは、公爵が貴族の相手をする間は離れているように言われたので、外を歩いていました。

コンラッドの所属するセントルーア聖騎士団が大ミサの警備をしていると聞き、コンラッドに会えるのではないかと思って探しているのです。

 

そのとき、見覚えのある女性から声を掛けられました。

それは、エリーの友人の一人であるセレナです。

 

セレナは、レスリーがスペラード家にいた時、屋敷でレスリーと会った唯一の人間でした。

レスリーが虐待されているのを見たセレナは、それをネタにエリーを脅し、エリーから新作のドレスをせしめたのです。

怪物公爵と契約公女ネタバレ49話感想

エリーに続いて、またもや不愉快な人物が現れたようですね。

エリーの友人だから、もしやエリーと同類かと思ったら、やっぱり…です。

何を目的にレスリーに声をかけてきたのでしょう?

 

団長のハルトはレスリーの心に上手に寄り添ってくれますね。

外国から来たという過去があり、おそらく色々と苦労があったからでしょう。

 

ハルトが言うように、外野が色々言ってくるのは気にせず、サルバトールとして堂々とした公女ぶりを皆に見せていれば、いずれ誰もが認める才色兼備のレディに成長するでしょう。

今は、やっと得られた愛情のある家族の中で、ただただ幸せな記憶を積み重ねて欲しいと思います。

怪物公爵と契約公女ネタバレ49話最新話まとめ!サルバトールの心

今回は怪物公爵と契約公女49話のネタバレと感想を紹介しました!

公爵一家は大ミサに出席し、レスリーを司祭たちに紹介します。

それは、周りの貴族たちに公女となったレスリーのことを知らせるためでもありました。

 

スポンサーリンク

error: Content is protected !!