かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ24話最新話と感想!結婚式

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」24話のネタバレと感想をまとめてみました!

クロードとイヴォナの結婚式が執り行われました。

すばらしい衣装に身をつつんだ2人はとても幸せそうです。

 

しかし、イヴォナにはトリスタンが出会った「謎の女」の影が忍びよるのでした・・・。

それでは「かりそめの公爵夫人」24話のネタバレと感想を紹介していきます!

かりそめの公爵夫人ネタバレ24話最新話と感想!結婚式

美しい花嫁

花嫁姿のイヴォナにみとれてしまったクロードは、差し出した手を離せずにいました。

何度目かの呼びかけに反応するという、いつもとは違う様子のクロードに、イヴォナは体調の心配をしてしまいます。

 

優しい風の中、式場への道を歩く2人。

イヴォナは先ほどからずっと、クロードからの痛いほどの視線を感じていました。

 

どうしたのか聞いてもジーッと見続けるクロードに恥ずかしくなったイヴォナは、今日はいつにもまして素敵だと話かけます。

その言葉にクロードは意を決したように、イヴォナもとても美しいと答えるのでした。

前代未聞の結婚式

式は前例のない大神殿で執り行われました。

そろって入場した新郎新婦のあまりのすばらしさに、招待客からは思わず小さな歓声がもれます。

しかも、現れた司式者がなんと皇帝陛下ということで、さらに会場がざわつくのでした。

 

クロードの誓いの言葉がはっきりと大神殿にひびき渡りました。

次はイヴォナの番です。

 

前世での悲惨なできごとにより、もう二度と人を信じることはないだろうと思っていたイヴォナを、クロードは変えてくれました。

クロードから受けた数々の優しさや気づかいが頭をかけ巡ります。

愛はなくてもお互いを尊重して一生共に生きていく決意を、イヴォナは「誓う」という言葉に込めるのでした。

謎の女の指示

式が終わり、北部に向けて出発するイヴォナたちの馬車を見下ろす者たちがいました。

ガスパル、トリスタン、そして以前トリスタンに声をかけてきた謎の女の3人です。

 

謎の女はガスパルにあることを指示したようで、次はお前がやるのだとガスパルは彼女に対して語気を強めています。

ガスパルは去り行くイヴォナの馬車に、幸せなのも今だけだと怒りの目をむけるのでした。

北部に到着

やっとアゼンタイン家の領地に着きました。

式と移動の疲れがでてしまい、ベッドに横になるイヴォナ。

そこにメイドから準備ができたと声をかけられますが、何のことだかわかりません。

 

そして夜になり、クロードが待つ寝室へと向かいます。

初夜のための部屋着を着せられたイヴォナは、恥ずかしくてなかなか部屋に入れないようです。

ふり向こうとするクロードに、まだこちらを見ないでほしいと、顔を赤らめつつお願いするのでした。

かりそめの公爵夫人ネタバレ24感想

結婚式、無事に終わって良かったですね!

何か良からぬことが起こってしまうのではと思っていましたが、心配しすぎだったようです。

 

クロードもイヴォナもとても素敵で、本当に契約結婚なの!?という雰囲気でした。

ですが、やはりその契約結婚というのが頭にある2人です。

 

イヴォナは、クロードが自分にみとれているのを体調不良かと勘違いしてしまうし、クロードはみとれてしまった自分を、うまくコントロールできないようでしたし、2人の気持ちはまだまだ交わらないようですね。

このジレキュン展開はどのくらい続くのかしら・・・。

 

そう思っていたら、初夜がまっていました!

でも、残念ながら現時点では、どのような状況下でも、クロードとイヴォナになにかあることはないでしょう。

 

契約結婚に愛は必要ないという条件ですから、そのような行為は2人とも想定外だと思います。

クロードは「据え膳食わぬは男の恥」というタイプではありませんしね。

 

さて、気になるのは、謎の女の策略です。

ガスパルを使って、一体なにをしかけてくるのでしょうか?

そして正体は一体誰なのでしょうか?

 

イヴォナの本当の幸せはまだまだ先のようですね。

かりそめの公爵夫人ネタバレ24話最新話と感想!結婚式まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」24話のネタバレ、感想をご紹介しました。

前代未聞である大神殿での結婚式が無事に終わりました。

謎の女の策略も気になりましたが、ひとまずは初夜ですね。

 

契約結婚の2人に、期待通りの展開は望めないかもしれませんが、どうなるかはわかりません。

次回の結婚初夜、必見です!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!