かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ35話最新話と感想!イヴォナの母親

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」35話のネタバレと感想をまとめてみました!

競売最後の品は、なんとイヴォナの母親のブローチでした。

それを知ったクロードはどう動くのでしょうか?

そしてついに代表と接触して・・・!?

それでは「かりそめの公爵夫人」35話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ35話最新話と感想!イヴォナの母親

母親とブローチ

イヴォナの母親は、実家の家宝だった真珠のブローチをとても大事にしていました。

ブローチと共に家を出ていったことから、ブローチの入手経路を調べれば、今母親がどうしているのかわかるはずです。

 

言葉を失っているイヴォナにクロードが声をかけると、イヴォナはやっと、このブローチは自分にとってとても大切なものなのだと答えるのでした。

ブローチ落札

それを聞いたクロードはもちろん黙っていません。

さっそく高値で落札しようとしますが、目立ちたがり屋の宝石収集家が横やりをいれてきて、値段はどんどんつり上がっていきます。

 

それをまったく相手にしないクロードは、なんと本日最高値で落札をはたしました!

周りが騒然とする中、おどろくイヴォナに対し、誰と結婚したと思っているのだ?とささやくのでした。

母親への思い

クロードにブローチを手渡されたイヴォナは、幼いころ出て行った母親のことを語りだします。

父親とは違いとても自分を愛してくれていたし、恨む気持ちはないが、受け入れるのはむずかしいかもしれない、と。

 

なぜなら、今まで母との美しい思い出を支えに生きてきたのに、もしもすっかり自分のことを忘れてしまっていたら、とてもやりきれないというのです。

そんなイヴォナをクロードはきつく抱きしめ、そっと気持ちに寄り添うのでした。

代表との接触成功

そこへあらわれた代表のアドルフが、一押しの品があるというのです。

イヴォナを大切にあつかっている姿を見たアドルフは、クロードが公爵だとは少しも疑ってはいません。

 

案内されてついていくと、内部は競売場とは思えない牢獄のような作りになっていました。

その先で見せられた品は、なんと大量の宝石眼だったのです!

かりそめの公爵夫人ネタバレ35話感想

イヴォナの母親のことが少しずつわかってきました。

現在の気持ちは複雑なようですが、あたたかく幸せな思い出があって良かったです。

 

クロードの寄り添い方を見ていると、もしかして彼の生い立ちにも似たような過去があるのかしら・・・。

孤独という視点でみると、イヴォナもクロードも似ているのかもしれませんね。

 

お互いを尊敬し支え合って生きていくなんて、これで愛があったら夫婦として最強じゃないですか。

ふたりとも、早く自分の気持ちに気づいてー!

 

しかし、やはりありましたね、大量の宝石眼が。

読者としてはキモいだけですが、これ飾るんですかね、どうするんだろ。

ですが、論点はそこではありません!

 

こんなに多くの宝石眼があるということは、それだけ多くの命が奪われたということです。

この男、本当に許せませんね・・・。

イヴォナ、クロード、こてんぱんにやっておしまい!!

かりそめの公爵夫人ネタバレ35話最新話と感想!イヴォナの母親まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」35話のネタバレ、感想をご紹介しました。

母親のブローチを手にしたイヴォナ。

思いは複雑なようですが、今は支えてくれるクロードがいます。

そしてねらい通り、アドルフがすりよってきました。

次回クロードはどんな制裁をくだすのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!