かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ36話最新話と感想!アドルフへの制裁

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」36話のネタバレと感想をまとめてみました!

大量の宝石眼を前に、イヴォナたちは怒りがおさまりません。

そしてついに、アドルフに鉄槌がくだされます!

それでは「かりそめの公爵夫人」36話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ36話最新話と感想!アドルフへの制裁

ふたりの演技

大量の宝石眼を見せられたクロードとイヴォナは、怒りをおさえつつも演技をします。

ラブラブに愛し合う夫婦を演じ、宝石眼をどこで、どのように手に入れたのかをアドルフから聞き出すふたり。

 

詳細を聞かないと信用しないふたりにイラついたアドルフは、ティグル族を実際に見せようと言い出しました。

制裁スタート

別室には、とらえられ傷だらけになった、ティグル族の青年がいました。

アドルフは、容姿が良いから生かして利用するのだと悪びれもなく言い、いくつ宝石眼を買うのかと聞いてきます。

 

全部もらおうというクロードに喜んだのもつかの間、かくれていたバドランが宝石眼を押収していきます。

どういうことかわからず焦るアドルフは、あっという間に神獣アスランの力によってとらえられてしまいました。

神獣たちの活躍

アドルフは対抗して、大量の昆虫魔獣を呼びだしますが、アスランが防御壁を作りイヴォナたちを守ります。

他にもとらえられている子どもがいることに気づき、バドランが助けに向かいました。

 

魔法がかかっている扉に苦戦しているバドランに、昆虫魔獣がおそいかかったそのとき、巨大な神獣ハスラートをつかい、イヴォナはバドランの危機を救います。

助けられた子どもたちのお礼にも微笑むだけのイヴォナに、バドランは複雑な感情を抱くのでした。

聖剣の威力

他にとらえられた人がいないことを確認すると、クロードは隠していた聖剣を引き抜きます。

するとドカンという大きな音とともに、天までとどくまばゆい閃光がはしり、昆虫魔獣や建物までも消えてしまったのでした。

かりそめの公爵夫人ネタバレ36話感想

ふたりのわざとらしい演技がおもしろかったですね!

クロードがなんだかノリノリで、ちょっと楽しんでいるようにも見えてしまいました。

もう普通の夫婦になればいいのにと、またしつこく思ってしまいます。

 

それにしてもアドルフ、本当にゲスですね・・・。

生け捕りにしたクロードはえらいですよ。

色々聞き出す必要があるから生かしたのでしょうが、ちょっと許せる範囲をこえてきましたね。

 

とらえられていたティグル族の青年は、おそらくたくさんの残酷な場面を目の当たりにし、傷ついているに違いありません。

イヴォナたちでなんとか癒してあげてほしいものです。

 

聖剣の威力、すさまじかったですね!

あの一本の剣にどれほどの力が宿っているのでしょうか。

 

それを難なくコントロールするクロードもさすがです。

建物ごとふっとばすとは、ほんとおそれいりました・・・。

かりそめの公爵夫人ネタバレ36話最新話と感想!アドルフへの制裁まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」36話のネタバレ、感想をご紹介しました。

アドルフはイヴォナたちにまったく歯が立ちませんでしたね。

城に帰り、情報を色々と聞き出すとは思いますが、はたして謎の女がだまっているでしょうか・・・。

次回の展開が気になります!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!