かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ47話最新話と感想!ルキウスの疑心

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」47話のネタバレと感想をまとめてみました!

ルキウスにクロードとの結婚を打ち明けたイヴォナ。

 

前世でガスパルを愛するイヴォナに対し、人を見る目がないと思っていたルキウスは、クロードにもまた疑いの目を向けるのでした。

それでは「かりそめの公爵夫人」47話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ47話最新話と感想!ルキウスの疑心

前世とは違うイヴォナ

結婚相手がガスパルだと勘違いしたルキウスは、あれほどやめろと言ったのにとイヴォナにつめよります。

しかし、相手がクロードだと知り混乱するルキウス。

 

結婚までのいきさつを聞いたルキウスは、ガスパルたちのあまりの仕打ちに、怒りの炎を燃やしますが、冷静なイヴォナを見て動きを止めます。

前世とはまるで違う強さをもったイヴォナに、今の方が好ましいとルキウスは伝えるのでした。

ルキウスの心配と疑問

前世でガスパルのいいなりになっていたイヴォナを知るルキウスは、またクロードにも騙されているのではないかと心配なようです。

お互いの利害の一致と信頼関係でつながっている契約結婚であると聞いたルキウスは、疑問に思いました。

愛もないのに、危険な古代遺跡まで一緒に行くなんてことはあるのか、と。

 

もしかしたらまた利用されているのではないかと考えたルキウスは、しばらくイヴォナの側で様子を見ることにしました。

そして、城に帰るとイヴォナのもとに2通の手紙が届いていたのです。

かりそめの公爵夫人ネタバレ47話感想

ルキウス、心強いですね!

こんなに親身になって自分の味方をしてくれる存在は貴重です。

 

よほどイヴォナと心のつながりが強いのでしょう。

これからイヴォナの側でじっくりとクロードを見て、ガスパルみたいなクズ男とは全然違うということに早く気づいてほしいですね。

 

お城でさっそくルキウスは、触ろうとしたセリーにかみついていましたが、何か感じるところがあったのでしょうか。

悪人をかぎ分けるような嗅覚でも持っているのかしら。

 

とりあえずルキウスがイヴォナの側にいて守ってくれていれば、セリーが何か仕掛けてきても安心できる気がします。

実際はあんなに可愛い姿じゃなくて超巨大な神獣王ですからね。

期待してますよ、ルキウス様!

かりそめの公爵夫人ネタバレ47話最新話と感想!ルキウスの疑心まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」47話のネタバレ、感想をご紹介しました。

ルキウスは前世のこともあり、イヴォナの選んだ結婚相手であるクロードの人柄が心配なようです。

クロードははたして無事にルキウスの信頼を得ることができるのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!