かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ48話最新話と感想!伝染病の流行

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」48話のネタバレと感想をまとめてみました!

イヴォナの側で、クロードの人柄を厳しい目で見るルキウス。

そこへ伝染病の流行の知らせが入ってきて・・・!?

それでは「かりそめの公爵夫人」48話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ48話最新話と感想!伝染病の流行

ルキウスの厳しい目

イヴォナに届いた手紙はセヘーズ皇女と、召喚術の勉強を始めたペイグリン令嬢からでした。

それらの手紙は、ほんのひとときイヴォナを笑顔にしてくれました。

 

ルキウスは、夕食の席でクロードを見て文句を言っています。

まだ一般食が食べられないイヴォナに合わせて、同じくお粥を食べている姿が気に入らないようです。

 

何か魂胆があるに違いないとクロードをにらみつけていると、そこへ子爵が到着したと知らせが入りました。

伝染病の報告

子爵が来た理由が、流行し始めた伝染病の報告だと聞いたイヴォナはおどろきます。

前世よりも流行する時期が早すぎるからです。

 

イヴォナはクロードの許可をもらって、一緒に会議に出席することにしました。

しかしアゼンタイン家の家臣たちは、イヴォナの同席が気に入りません。

なぜなら本心ではイヴォナを見下していて、自分たちの娘がクロードと結婚できなかったことを悔やんでいたからです。

 

イヴォナが家臣たちの威圧感にも負けず、伝染病の症状や原因について質問をぶつけると、家臣たちは不快感をあらわにしました。

その態度を一喝したクロードがイヴォナに心当たりを聞くと、原因は虫などの動くものが媒介したのではないかと答え、自分が隔離区域に行き確かめてみると宣言したのです。

かりそめの公爵夫人ネタバレ48話感想

アゼンタイン家の家臣たるものが、ウザいですねー。

もう結婚してしまったのだからイヴォナを公爵夫人として認めなさいよ。

クロードが自分たちの娘を選ばなかったのは、単に魅力がなかっただけでしょうが。

あの冷たいクロードが、イヴォナに優しく接しているところを何度も見れば、家臣たちもおのずとわかってくれるとは思いますけれど。

 

しかし、ルキウス厳しいですねー。

イヴォナを大切に思うあまりクロードが悪者に見えて仕方ないのでしょう。

おそらくクロードを認めざるを得ない展開が、のちのち待ち受けていると思うのであまり心配はしていませんが。

 

今回は、また伝染病という大問題が発生してしまいました。

もう、次から次へと(涙)

しかもイヴォナはまた危険地帯に飛び込んで行こうとしているし・・・。

でも魔王軍に有利な状況を作ってしまう伝染病を、ほっておくわけにはいかないのでしょう。

 

未来を知り過ぎているというのも色々キツイですね。

今となっては、自分の人生をやり直すというよりも、国民の命を守るために動いていると言ったほうが自然です。

その後ろにイヴォナの幸せがちゃんとついてくるといいのですが。

かりそめの公爵夫人ネタバレ48話最新話と感想!伝染病の流行まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」48話のネタバレ、感想をご紹介しました。

イヴォナの護衛をしつつ、クロードの人柄を見ているルキウスの目はなかなか厳しいものがあります。

 

また、伝染病の流行が、前世よりも早いタイミングでやってきてしまいました。

イヴォナははたしてその原因を突き止められるのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!