かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ49話最新話と感想!伝染病と黒魔力

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」49話のネタバレと感想をまとめてみました!

イヴォナは隔離区域へ伝染病の調査に出向きました。

原因は特定できましたが、それには黒魔力が関係していて・・・?

それでは「かりそめの公爵夫人」49話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ49話最新話と感想!伝染病と黒魔力

隔離区域での調査

隔離区域の村では、神聖力が宿った「浄化の彫刻像」が建てられたのにも関わらず、村人全員が感染してしまいました。

村人たちは危険を顧みず、訪れてくれたイヴォナに感動しているようです。

 

イヴォナの護衛にはクロードに頼まれたバドランがついてくれています。

病に侵された村人の身体を直接みせてもらい、イヴォナは心当たりのある原因をさがすのでした。

原因の特定

やはり村人たちの身体には、虫に刺された痕跡が見つかりました。

イヴォナが競売場でみた昆虫魔獣との関係を考えていると、ルキウスが虫に刺された痕跡から黒魔力を感じると教えてくれます。

 

イヴォナの想像通り、魔王軍の仕業によって伝染病が広げられ、彫刻像も強い黒魔力で力を封じられていたのです。

彫刻像を見たバドランも何かがおかしいと気づいたようでした。

前世の神殿

イヴォナは前世と今の状況を重ね合わせていました。

前世では伝染病の流行により、神殿の信頼が失われていきました。

今のように黒魔力のせいで「浄化の彫刻像」に効果が見られなかったからです。

イヴォナにできること

バドランはとりあえず今回は帰ることを提案し、自分は神殿に彫刻像のことを報告しに行くと決めたようです。

人々の苦しむ姿を目の当たりにしたイヴォナは、神殿にはできない自分の役割を思いついたと強い決意をにじませるのでした。

かりそめの公爵夫人ネタバレ49話感想

クロードに頼まれたとはいえ、イヴォナの護衛をしてくれるなんて、バドランもイヴォナに歩み寄ってくれているのですね。

ペイグリン令嬢が召喚術の勉強を始めたことを、バドランは知っているのかしら。

知っていてこのように接してくれているのならいいのですが・・・。

 

イヴォナの行動は実に勇敢ですね!

隔離区域にみずから赴き、そして患者に触れて原因を探るなんて、普通は躊躇してしまうところです。

未来を知っている自分の責任だと思っている部分もあるでしょうが、やはりイヴォナは優しく器が大きい人だと思います。

 

本来なら先回りして動きたいところですが、魔王軍の動きが前世よりも早いせいでなかなか思うようにいきませんね。

イヴォナが転生したことにより、未来が少しずつ変わってきてしまったのかもしれません。

あまり1人で背負わないで、クロードに頼っていいのよ、イヴォナ。

かりそめの公爵夫人ネタバレ49話最新話と感想!伝染病と黒魔力まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」49話のネタバレ、感想をご紹介しました。

イヴォナの予想通り、伝染病の原因は昆虫魔獣でした。

前世よりも早い魔王軍の動きを、イヴォナは阻止できるのでしょうか。

みんなのために全力を尽くすイヴォナを応援せずにはいられません。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!