かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ55話最新話と感想!セヘーズ皇女の覚悟

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」55話のネタバレと感想をまとめてみました!

突撃訪問したガスパルの様子を、国王陛下に伝えるセヘーズ皇女。

 

落胆する国王にセヘーズが伝えたこととは・・・?

それでは「かりそめの公爵夫人」55話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ55話最新話と感想!セヘーズ皇女の覚悟

謝る国王陛下

セヘーズからガスパルの様子を聞いた陛下は、怒りとともに激しい落胆をおぼえました。

率先して国のために動かなければならない立場なのに、言い訳ばかりのガスパルに2人は頭を悩ませています。

 

陛下は、一人娘のセヘーズに胸の内を話しました。

本来なら、帝国一の夫と子どもに恵まれた幸せな人生を送ってほしかったと。

 

男兄弟がいないことで苦労をかけてしまうことを許してほしいと言うのです。

そんな陛下にセヘーズは、自分のことより帝国のことが最優先だとにこやかに答えるのでした。

セヘーズ皇女の行動力

すでにセヘーズは治療薬のために動き出していました。

イヴォナの助言をもとに、ジュリアの力を借りながら、召喚師たちを手配していたのです。

まもなく治療薬の製造段階に入るので、ガスパルの薬草を頼らずとも大丈夫だという話を聞いた陛下はおどろきました。

頼もしいセヘーズ皇女の姿

「社交界の華」と呼ばれたジュリアの意外な功績を聞いた陛下は、感心すると同時に、男手もなしに女性に働かせてしまったことを、恥ずかしく申し訳ないと言うのでした。

その言葉にセヘーズは、堂々と宣言します。

 

自分をふくめた女性たちはみんな自分の意志で行動しただけのこと、謝罪などは必要ないし、自分自身は帝国のために尽くす覚悟ができているのだと。

その姿をみた国王陛下は、思わず目を見張るのでした。

セヘーズ皇女の手紙

イヴォナのもとにセヘーズから手紙が届きました。

イヴォナのおかげで各地の伝染病が落ち着いてきたことに、陛下もその働きを高く評価しているとあります。

 

また、召喚師でもないガスパルが薬草を栽培すると聞いたイヴォナは、どうするつもりなのかと疑問をもちました。

召喚師にとって名声を上げるチャンスである今、ガスパルに協力する召喚師は、半人前の技術しかもたないトリスタンくらいだろうと。

 

そしてそのトリスタンの怪しさに気づいている様子のセヘーズに、イヴォナはさすがだと笑ってしまいます。

物事の本質を的確にとらえ、偏見や差別もなくリーダーシップをとるセヘーズに、イヴォナは未来の女帝の姿を期待するのでした。

かりそめの公爵夫人ネタバレ55話感想

セヘーズ皇女、素晴らしいですね!

いくらイヴォナの助言があったとはいえ、ジュリアのことを高く評価してうまくコントロールするとは恐れ入りました。

 

ジュリアも努力を評価してくれたセヘーズに感謝していることでしょう。

とても生き生きと活躍する姿を見て、つい嬉しくなってしまいました。

 

もともとセヘーズもジュリアも素養はあったかもしれませんが、イヴォナの行動が2人に影響を与えたのは間違いないと思います。

自分でも気づかないうちに他人に影響を与える存在になるとは、イヴォナも本当に素晴らしい女性になったものです。

 

今回の頼もしい姿を見た国王陛下も、セヘーズをただの可愛い1人娘としてではなく、帝国の未来を任せる人物として感じるところがあったのではないでしょうか。

彼女が女帝になる姿が楽しみですね!

かりそめの公爵夫人ネタバレ55話最新話と感想!セヘーズ皇女の覚悟まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」55話のネタバレ、感想をご紹介しました。

イヴォナの助言をもとに、リーダーシップを発揮するセヘーズ皇女。

彼女がいれば帝国の未来は明るいはずです!

 

さて、トリスタンはガスパルのためにさらなる悪知恵を思いついてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

error: Content is protected !!