かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ61話最新話と感想!クロードの抑えきれない想い

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」61話のネタバレと感想をまとめてみました!

クロードとイヴォナは、契約関係を段階的に進めることにしました。

今夜はキスまでと提案したイヴォナですが、積極的なクロードの愛情表現にとまどってしまって・・・?

それでは「かりそめの公爵夫人」61話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ61話最新話と感想!クロードの抑えきれない想い

本当のキス

今夜はどこまで進んでいいのかと迫るクロードに、キスまでと答えるイヴォナ。

クロードのキスはとても情熱的でイヴォナは眩暈をおぼえてしまうほどです。

 

これまでは男性に良い感情を抱けませんでしたが、これが本当のキスなのだと自覚すると、ますます余裕がなくなり、キスにストップをかけてしまいました。

赤面して焦るイヴォナの手に、さらにキスをするクロード。

その姿を見て限界を超えてしまったイヴォナは、思わずその手を離してしまいます。

後悔するクロード

やり過ぎたと思い、あわてて距離をとったクロードをイヴォナは追いかけます。

クロードは嫌われたのではないかと激しく後悔していました。

 

北部に来てから色々あり、ゆっくりすることもなかったイヴォナに、この旅行で休んでほしいと思っていました。

賭けでわざと負けたのもイヴォナの願いをどんなことでも聞いてあげたかったから。

 

スキンシップという予想外の願いに、自分の触れたいという気持ちが抑えられず、イヴォナを怖がらせてしまったと激しい自己嫌悪におちいっていたのです。

クロードが望むなら

そんなクロードを抱きしめたイヴォナは、嫌いになんてならないし、キスだって望むならいつでもどうぞと言います。

そしてもう一度優しくキスをする2人。

 

願いを聞いてくれたことにお礼を言うと、クロードはまたその願いを却下するのでした。

イヴォナへの想い

翌日、2人は外のベンチで仲良くランチをしています。

誰もいないのがわかると、イヴォナの頬にキスをするクロード。

自分にだけ見せるイヴォナの表情や仕草が嬉しくてたまりません。

 

クロードにとって愛とは、等しくバランスが取れていないと、自分自身を破滅させてしまうものだということを、母親との関係で知っています。

しかしイヴォナを前にすると愛おしさがあふれ、喜ばせることが自分の幸せにつながるのです。

 

そんな気持ちをもう隠すことはできません。

イヴォナが好きだ、と。

かりそめの公爵夫人ネタバレ61話感想

ついにクロードが自分の想いを自覚しましたね!

すばらしい!

いやー、途中から絶対好きでしょ?とは思っていましたが、契約結婚という殻をついに破ってくれました。

 

でもスキンシップを持ち出して、このきっかけを作ったのはイヴォナですからね、そこは忘れてはいけません。

しかも今回キスを提案するとは本当によく頑張ってくれました。

 

ちょっとクロードががっつき過ぎてしまいましたが、めげることなく、これからも積極的なクロードに期待したいですね!

かりそめの公爵夫人ネタバレ61話最新話と感想!クロードの抑えきれない想いまとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」61話のネタバレ、感想をご紹介しました。

情熱的なキスをするクロードに、少しとまどってしまうイヴォナでしたが、2人の仲はますます深いものになりました。

そしてイヴォナへの想いを自覚したクロード。

 

しかし、そろそろ何かが起こってしまう予感がします・・・!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!