かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ62話最新話と感想!薬草市場に現れたトリスタン

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」62話のネタバレと感想をまとめてみました!

旅行もついに最終日となってしまいました。

イヴォナは気になっていた薬草市場へ、クロードと向かっています。

 

しかしその途中、透明の馬車を目撃して・・・!?

それでは「かりそめの公爵夫人」62話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ62話最新話と感想!薬草市場に現れたトリスタン

透明な馬車を目撃して!?

旅行の最終日、イヴォナとクロードは薬草市場へ向かって歩いています。

今後の薬草栽培のためにぜひ見ておきたかったのですが、ずっと工事中のようで入れずにいました。

 

2人は街中で、隠蔽魔法と消音魔法にかけられた透明な馬車が走っているのを目撃します。

子どもがその馬車に轢かれそうになったところを瞬時に助けたクロード。

 

一般人は気づかないため、大変危険だと思った2人は後を追うことにしました。

薬草市場の中にいたのは?

すると着いた先は結界をはられた薬草市場。

その結界の感じから、イヴォナはこの中に誰がいるか分かったようです。

どうしたいのか尋ねたクロードは、市場に入るというイヴォナに一緒に行くと告げました。

 

市場内は、突然結界が消え出現したハスラートに大騒ぎです。

その騒ぎを聞きつけて、現れたのはなんとトリスタンでした。

トリスタンの悔しさ

セヘーズの突撃訪問で、薬草栽培を約束させられて荒れるガスパル。

トリスタンへの八つ当たりはひどいものでした。

 

乱暴者のガスパルが、いつも自分にだけは優しかった姿を愛おしいと思っていたのに・・・。

自分が女であれば、こんな思いをせずに済んだのではないかとトリスタンは涙を浮かべるのでした。

 

とりあえず事態を改善しようと、神獣の召喚を提案するトリスタンに対し、イヴォナと比べてお前じゃ無理だと吐き捨てるガスパル。

するとトリスタンは、クロードならパートナーをけなしたりしないだろうと言って、怒り狂うガスパルを残し部屋を去りました。

ガスパルを見返すためにも、召喚術の成功を固く決意したのです。

かりそめの公爵夫人ネタバレ62話感想

因果応報ですねー、トリスタン。

あれだけ何年もイヴォナを洗脳して傷つけ、人生をめちゃくちゃにしたんですから。

 

それに女性に生まれたとしても、あなたは幸せにはなれないと思います。

玉の輿にのれば成功だなんて、本当に考えが浅ましいですよ。

どこまで他力本願なのでしょう。

 

ガスパルに関しては、ムカつきがもう振り切ってきましたね。

性格が悪すぎて、ある意味すがすがしいレベルです。

 

せっかくの旅行でトリスタンに会ってしまったイヴォナ。

甘々モードから現実に引き戻された感がすごいですが・・・。

 

薬草市場にいるってことは・・・、栽培できずに仕入れるつもりですよね、きっと。

さて、トリスタンはこの場からどうやって逃げきるのでしょうか?

かりそめの公爵夫人ネタバレ62話最新話と感想!薬草市場に現れたトリスタンまとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」62話のネタバレ、感想をご紹介しました。

透明な馬車を追って、薬草市場に着いた2人。

 

そこにはまさかのトリスタンがいました!

思わぬ再会にイヴォナはどうするのでしょうか?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!