かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ67話最新話と感想!イヴォナの功績を称える舞踏会

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」67話のネタバレと感想をまとめてみました!

治療薬を作ったイヴォナの功績を称え、舞踏会が催されることになりました。

そしてクロードとイヴォナの入場の際に、イヴォナの名前が先に呼ばれたことに人々がざわついて・・・?

それでは「かりそめの公爵夫人」67話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ67話最新話と感想!イヴォナの功績を称える舞踏会

ガスパルの噂

イヴォナの功績を称える舞踏会が開かれる会場では、集まった人が口々にガスパルの噂をしています。

薬草の密輸がイヴォナたちに見つかってしまったという話は、またたく間に広がってしまったようです。

イヴォナの栽培量の2割程度も用意できずに密輸に頼ったことに、人々はガスパルの能力を疑い始めていました。

 

しかしそこへ、ガスパルをかばう男性が登場します。

今までの男爵の魔獣退治の功績を忘れてはいけない、公爵夫人は女性だから何かを育てることには優れていても、魔獣退治までは無理だろうと言うのです。

イヴォナをかばうペイグリン令嬢

しかし、その言葉に反論したのはペイグリン令嬢でした。

たくさんの人の命を救ったイヴォナに対し、このような場でそんな言い方は慎むべきだと

言い返したのです。

 

すると、言い合いがヒートアップする前に仲裁が入りました。

結果は秋の討伐で誰が活躍するかで分かるだろうから、と。

イヴォナとクロードの入場

イヴォナ、クロードの順に名前が呼ばれると、クロードにエスコートされた緊張気味のイヴォナが入場してきました。

イヴォナの美しさに感嘆の声がもれる中で、夫人の名前が先に呼ばれるという異例の事態に、男女で意見が分かれているようです。

女性は帝国史上初の出来事に喜び、男性は秩序が乱れると眉をひそめています。

 

その人々の反応に、イヴォナはクロードの気持ちを心配しますが、クロードはまったく気にせず、むしろ誇らしいと微笑んでくれました。

自分を対等に扱ってくれるその姿に、イヴォナはこの人の妻になれて本当に良かったと思うのでした。

称えられるイヴォナ

クロードにこの場を楽しむよう送り出されると、イヴォナの周りにはドッと女性たちが集まってきました。

みんなイヴォナの活躍に感動したと口々に言っています。

ガスパルの功績の陰に隠れていた前世とは違い、堂々と称賛を浴びることができる今を、イヴォナはとても嬉しく思うのでした。

 

女性たちは、召喚術が素晴らしいと興味津々です。

魔力のコントロールに質問が及ぶと、イヴォナはにこりと笑ってペイグリン令嬢に説明をお願いするのでした。

かりそめの公爵夫人ネタバレ67話感想

イヴォナ、本当に良かったですね。

周りに認められ、自分の価値がようやく分かってきたようです。

 

ガスパルのために、本当の自分を殺して生きてきた前世と違って、今はクロードもいるし、周りの人々も召喚師のイヴォナを称えてくれています。

それはもちろん、イヴォナが自分のことは顧みずに周りのために動いてきた結果ですね。

本当に嬉しいです。

 

さて、けっこう露骨に女性を下に見ている殿方が多いですね・・・。

この世界では本来ならこれが普通の考え方で、クロードが特別なのでしょう。

 

でもイヴォナが活躍する今、男性が女性を認めざるを得ない状況ができつつあります。

これから女性の地位を上げるシンボルとして、イヴォナは憧れの存在になっていくのでしょう。

 

そしてセヘーズが女帝になれば、パラマ帝国も変わるでしょうね。

その日が待ち遠しいです。

かりそめの公爵夫人ネタバレ67話最新話と感想!イヴォナの功績を称える舞踏会まとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」67話のネタバレ、感想をご紹介しました。

治療薬の功績が認められ、イヴォナのために舞踏会が開かれました。

 

女性の活躍の場が少ないこの世界では、イヴォナのような存在は珍しいようです。

パラマ帝国の女性たちのためにも、イヴォナの活躍をこれからも期待したいですね!

スポンサーリンク

error: Content is protected !!