かりそめの公爵夫人

かりそめの公爵夫人ネタバレ68話最新話と感想!魔王の復活を訴えるイヴォナ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「かりそめの公爵夫人」68話のネタバレと感想をまとめてみました!

集まってきた令嬢たちの、思うままに生きられない現状に心を痛めるイヴォナ。

そしてこの舞踏会で、イヴォナが皇帝陛下に訴えたかったこととは!?

それでは「かりそめの公爵夫人」68話のネタバレと感想を紹介します!

かりそめの公爵夫人ネタバレ68話最新話と感想!魔王の復活を訴えるイヴォナ

女性たちの理不尽な境遇

イヴォナに召喚師の魔力コントロールについて説明をお願いされたペイグリン令嬢は、勉強した知識を生かし、見事に答えてみせました。

その姿におどろき、沸き立つ令嬢たち。

 

彼女たちもそれぞれに夢があったものの、女性だからという理由であきらめた過去をもっていたのです。

令嬢たちの話を聞いたイヴォナは、自分は父に怒られながらも召喚術を学ぶ機会があったけれど、それすらもなかった令嬢たちの境遇に、理不尽だと胸を痛めるのでした。

 

そして世間の偏見がある中、留学したジュリアの話を耳にし、おどろくイヴォナ。

その強い気持ちに心からエールを送るのでした。

クロードは愛妻家

セヘーズとの再会を喜ぶイヴォナの姿を見て、緊張がほぐれたようだと安心したクロード。

そして周りには、入場の際の名前の順番について話そうと、男性たちが集まってきました。

 

しかしそれを、ケルダの代わりに首席神官となったレビオスがさえぎります。

イヴォナの活躍を称えるレビオスの言葉に、クロードは思わず笑みをもらしました。

 

あの冷徹な公爵の、愛妻家ぶりを見た周りの人々は、あまりのことにおどろき、ざわつくのでした。

陛下に訴えるイヴォナ

皇帝陛下の御前に呼ばれたイヴォナとクロード。

陛下はイヴォナの治療薬の功績を称えつつ、役に立たなかった神殿の彫刻像を引き合いに出して、神殿をおとしめようとしました。

それについてイヴォナは、彫刻像には高位魔族によって黒魔力がかけられていたので、仕方がないことであったとフォローします。

 

そして神殿との権力争いに重点を置いている陛下に、召喚師であるイヴォナは訴えかけました。

伝染病が広まった真の目的は「魔王の復活」だろう、と・・・!

かりそめの公爵夫人ネタバレ68話感想

令嬢たちが口々に夢を語る姿に、胸が痛くなってしまいました。

女性に生まれたというだけで、思い通りにいかない人生なんてとても悲しいことです。

 

その中で頑張って留学したジュリアは本当に素晴らしいですね!

イヴォナに刺激されて自分の人生を見つめ直したのでしょう。

感動してしまいました。

 

ところで、首席神官レビオスはクロードの扱い方をよく知っていますね!

前回もガスパルを擁護することもありませんでしたし、これからイヴォナたちの力になってくれるのかしら。

秋の討伐には味方が多い方がいいですからね。

 

そしてイヴォナが進言した「魔王の復活」は陛下にとって寝耳に水のはず。

イヴォナの言う通り、今は人間同士の権力争いなんてどうでもいいのです。

この舞踏会でイヴォナはうまく陛下を動かすことができるのでしょうか。

かりそめの公爵夫人ネタバレ68話最新話と感想!魔王の復活を訴えるイヴォナまとめ

今回は漫画「かりそめの公爵夫人」68話のネタバレ、感想をご紹介しました。

女性だからという理由で、令嬢たちが受ける理不尽な扱いに胸を痛めるイヴォナ。

そしてクロードは愛妻家の一面を舞踏会で見せ、周りを驚かせるのでした。

さて、イヴォナは陛下に「魔王の復活」を訴えましたが、突然の進言に陛下はどのような反応を見せるのでしょうか!?

スポンサーリンク

error: Content is protected !!