皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ19話最新話と感想!未来の汚職官僚

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」19話のネタバレと感想をまとめてみました!

足が疲れてしまい休むイヴをサポートするミカエル。

そんな二人に近づいてきたのは、未来の汚職官僚でした!

皇女、反逆者に刻印する19話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ19話最新話と感想!未来の汚職官僚

汚職官僚アルベン・レッドモン

お待ちしておりましたと頭を下げ、イヴの人を見極める洞察力を褒めた男は、アルベン・レッドモンと名乗ります。

前世の未来では汚職官僚として名をはせていた男の登場に、イヴは驚きます。

伯爵である父の力を使い二度も官僚となった、親の七光りの典型のような男で、裏ではあらゆる不正を行っていました。

 

前世でイヴに割り当てられた予算や物品にまで手を出しており、訴訟を起こされないよう入念な手回しまでしていたので、イヴは相当な被害を受けています。

どこか怯えるようなイヴの様子に、ミカエルは守るように立ちふさがり、知り合いなのかと厳しく聞きます。

その声の低さに震えるレッドモンですが、考えようによっては才能があると評価できるため、イヴは知り合いということにしました。

試してみよう

一度話してみたいと思っていたと微笑むと、自分も皇女のお眼鏡にかなったのだと喜びます。

噂に惑わされないと信じていたと言うレッドモンは、自分が父親の力で官僚になったと噂されていることを嘆きます。

 

イヴにとっては意外でしたが、サンチェス伯爵に目を付けられて以来適当な噂が流れるようになってしまったのだと、レッドモンの嘆きはとまりません。

前世の未来で彼が一度左遷された時も、サンチェス伯爵が部長の時だったことを思い出し、イヴは噂が嘘の可能性もあると思いなおしました。

 

今世でもう一度チャンスを与えるため、イヴはレッドモンが所属する儀典部に戻った方が良いと伝えます。

ロジーの指名式で使われた沢山の供物の中には、未承認の物も使用された可能性があると言うと、レッドモンは驚きの表情を浮かべます。

皇室の名誉にかかわる記録を残さないため、忙しくしているだろうと伝えると、レッドモンは走って儀典部へ向かいました。

気疲れ

レッドモンが儀典部へ行った事で、ロジーが賢者の石を使ったことは秘密にされますが、伯爵に認められ汚職に手を出さなくもなります。

ほっとしたイヴは身体の力が抜けてしまい、ミカエルに寄りかかりました。

 

場所を移そうと心配そうなミカエルに、少しの間このままでと言い、ふたりは寄り添いながら立ち尽くします。

すぐに回復したイヴは、今日やるべきことは大体終わったと微笑み、何人かの男性が話をしている部屋の扉を開けました。

皇女、反逆者に刻印する19話感想

レッドモンと名乗る未来の汚職官僚に声をかけられたイヴ。

彼からの被害を受けないため、アドバイスをしてあげました!

 

汚職官僚として有名な人が自分に声をかけてきたら驚きますよね。

汚職と聞くと悪そうな人のイメージですが、レッドモンはただのボンボンな印象の扱いやすそうな人です。

彼を上手く使い、前世で奪われた分の財産も今世で手に入れられるといいですね!

 

イヴは未来の汚職官僚ともあり、やはり心身ともにとても疲れてしまっていましたね。

そっとミカエルの肩に寄りかかる姿は、本物のカップルのようでした!

目は隠れていますが、ミカエルはとても嬉しそうな優しい目をしているでしょう。

 

最後に出てきた男性たちは何の人なのでしょうか。

イヴの作戦が無事に成功することを願います!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ19話最新話と感想!未来の汚職官僚まとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」19話のネタバレと感想を紹介しました!

やるべきことはほとんど終わったと言うイヴ。

この男性たちに何の用があるのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!