皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ20話最新話と感想!嵌められたイヴ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」20話のネタバレと感想をまとめてみました!

次のターゲットに接触するイヴ。

あまり穏やかな雰囲気ではありません。

皇女、反逆者に刻印する20話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ20話最新話と感想!嵌められたイヴ

次の相手

イヴが扉を開けた先にいたのは、帝国アカデミー「グノシス」に通う貴族の令息たちでした。

彼らの中には皇室諮問会の一員である、ラインデル伯爵の息子と、リミテージョ伯爵の息子もいます。

彼らは長男ではないにもかかわらず爵位を継承した実力者で、強力な後ろ盾の有力候補です。

 

イヴは彼らの隙を作るため、ミカエルには少し離れたところにいるよう指示しました。

社交界は将来の伴侶を決めるところでもあります。

そういう点でも誰かしらが自分に興味を持ち輪に入れてくれることを願い、声をかけてみることにしました。

注がれたブランデー

ご一緒していいかと微笑むと、無作法で有名なカリックス・リミテージョが是非と答えてくれます。

最も予想外な人物に驚きながら、イヴは席に着きます。

アカデミーの話が聞きたいと言ってみると、意外と話が盛り上がりました。

 

良い雰囲気だと思いながらニコニコと聞いていると、イヴのグラスが空いていることに気がついたリミテージョが声をかけます。

周りにいた友人らから慌てて注がれたものは、ワインではなく2杯のブランデーでした。

 

帝国の決まりでは、その相手に初めて注がれたものは飲み干すマナーがあります。

しかしワイングラスに注がれたブランデー2杯を飲み干すには無理があり、イヴは困って固まってしまいました。

ピンチヒッター

まだ自分に注いでいないリミテージョだけには頼むことも出来ますが、それには見返りが求められます。

手伝おうかと微笑む彼を見て、イヴは計画に嵌められたことに気が付きました。

 

計画に乗ってみるか飲み干すか迷っていると、後ろからミカエルが現れグラスを取ります。

驚いているうちに飲み干してしまい、リミテージョとミカエルはバチバチと睨み合ってしまいました。

不穏な雰囲気を察したイヴは、ミカエルを連れて部屋から離れます。

 

夜風にあたりながら、ミカエルは自分の存在を忘れていただろうと指摘します。

頼ることを知らなかったからと返し、これまでも同じことがあったと笑うと、ミカエルは今後自分を頼るようにと言ってくれました。

味方がいることの安心感にイヴは微笑みます。

皇女、反逆者に刻印する20話感想

イヴが近づいた相手はアカデミーの人々でした。

策略に嵌められてしまいますが、ミカエルが助けてくれます!

 

イヴが次のターゲットに選んだ人達は若い男性でしたね!

変な策略に嵌めようとしてくるあたり、あまり良い人達に見えません。

一応接点は出来たでしょうが、彼らと今後付き合っていくことには不安を感じてしまいます!

 

そして困るイヴを助けたミカエルはかっこよかったですね!

あの量のブランデーを飲み干すなんて、ミカエルはとてもお酒が強いです。

困っているところを助けてもらい、味方がいることの心強さに微笑み見つめあう二人の様子は、主従関係ではなく支え合う恋人関係にしか見えません!

 

今回のパーティで予定していたイヴの目的は達成出来たのでしょうか。

何人かの人との接点と、なによりミカエルとの絆が深まったので、社交に参加したのは良い結果に繋がりそうですね。

皇女、反逆者に刻印するネタバレ20話最新話と感想!嵌められたイヴまとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」20話のネタバレと感想を紹介しました!

パーティを経て絆が深まったミカエルとイヴ。

接点を作った彼らは後ろ盾になってくれるのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!