皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ26話最新話と感想!ミカエルを守るイヴ

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」26話のネタバレと感想をまとめてみました!

ミカエルのアイマスクを外そうとするロジー。

その手が触れる直前に、イヴとミラード卿が駆けつけます。

皇女、反逆者に刻印する26話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ26話最新話と感想!ミカエルを守るイヴ

耐えるミカエル

アイマスクをとった顔が見たいとロジーにお願いされたミカエルは、主人がいない隙を狙って頼み事をしてくる不躾さに不快感を覚えます。

それでも皇族の言葉には逆らえず、体は動きません。

アイマスクに手を伸ばされるのをじっと耐えながらも、心の中では触るなと強く拒否します。

 

あと少しで触れられる瞬間、イヴが現れ二人の間に割って入りました。

人の専属騎士になんの用かと聞かれたロジーは、一人でいるところをミカエルがエスコートしてくれたと微笑みます。

ロジーがしたこと

直感でその言葉が嘘だとわかったイヴは、散歩の続きは自分の専属騎士とするよう言いました。

お供しますと言うミラード卿にロジーは覚めた表情を浮かべ、会場に戻ると言い放ちます。

離れていく二人を見ながら、イヴはどうか前世のようなことが起こらないようにと心の中で祈ります。

 

来てくれて助かったと言うミカエルは、ロジーにアイマスクを外されそうになったと伝えました。

アイマスクを外すことは、夜の世話をすることを意味し、ロジーがそれを知らないはずがありません。

イヴは予想以上の出来事に青ざめながらも、ミカエルを1人にしたことを謝ります。

功績活動

1週間後、イヴの元には大量の招待状が届いていました。

誕生日パーティで仕込んでいたいくつかの事も予定取り進んでおり、イヴは順調だと微笑みます。

 

ふたりがこの日向かったのは、レッドモンのところでした。

目的は功績活動という、皇族のボランティア活動のようなものについて知るためです。

功績活動の点数が高ければ政治にも関与することが出来ますが、これまで関心のなかったイヴは、ブリジッテの足元にも及びません。

 

活動リストの中には、魔晶石採掘場の実態調査もありましたが、初めてのイヴにはできることが限られていました。

レッドモンに今のイヴでも参加出来る活動を教えてもらい、ふたりは帰ります。

 

帰り道の途中、ミカエルは点数を稼いで魔晶石採掘場に行くつもりなのかと質問します。

それに気づいて欲しくて自分のことも呼んだのかと言われ、イヴは全てお見通しなのねと微笑みました。

 

上半期中に採掘場で働くホムンクルスの様子を見に行き、1日でも早く劣悪な環境を改善したいと話すイヴを見て、ミカエルはその本気度を感じます。

歩いていると前からメイドが駆けつけ、大変な事が起こったと告げました。

皇女、反逆者に刻印する26話感想

イヴがパーティでまいた種は順調に育っています!

功績活動に手を出し、着々と皇太女への準備を進めます。

 

アイマスクを外すことは、やはり外す以上の意味があったのですね。

人の男に簡単に手を出すロジーは、思ったよりも悪女です。

自分のものになったら関心をなくし、軽い気持ちで人のものに手を出す人は、幸せになれないと思います!

 

間一髪イヴが駆けつけることが出来て本当に良かったです。

強いのに抵抗できないミカエルは可哀想で、ホムンクルス制度の酷さを改めて感じました。

これからもロジーには注意が必要そうですね。

 

イヴはホムンクルスへの待遇の改善をめざし、功績活動を行うことにしたようです!

前世とは全く違う方法ですが、ホムンクルスへの活動という点は変わりません。

そんな本気のイヴを見たミカエルは、さらにイヴに忠誠心を抱くのでしょう!

 皇女、反逆者に刻印するネタバレ26話最新話と感想!ミカエルを守るイヴまとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」26話のネタバレと感想を紹介しました!

功績活動を始めるイヴ。

着々と進む準備ですが、ブリジッテも黙ってはいないでしょう。

なにか仕掛けてこないか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!