皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ29話最新話と感想!初めてのお祭り

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」29話のネタバレと感想をまとめてみました!

イライザの謎な行動に呆気にとられるイヴとミカエル。

思わせぶりな行動の真意がわかりません!

皇女、反逆者に刻印する29話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ29話最新話と感想!初めてのお祭り

色目を使うイライザ

思ったよりも長いキスにイヴが手を振り払うと、イライザは嬉しくてついと微笑みます。

用が済んだのなら早く帰ってと言われ素直に従いつつ、部屋を出る直前に立ち止まり、怪しげにほほ笑んで帰っていきました。

ミカエルは手首を捻じ曲げればよかったと悪態をつきますが、ブリジッテの専属騎士にそんなことをすればただではすみません。

 

それでも今のイライザの行動は、ブリジッテの指示には見えませんでした。

彼は皇太女の最有力候補のブリジッテに気に入られるため、必死にすり寄ったと言う噂があります。

力を持つ者を好むイライザが、自分の意思で色目を使ってきたことは、イヴにとっては面倒な争いに巻き込まれる予兆でしかありません。

ミカエルは渡さない

ミカエルは呆れた様子で、自分から手を差し出す皇女も、手を差し出すよう要求する専属騎士もいるのかとため息をつきます。

思いだしたように、専属騎士を賭けて賭け事をすることもあると聞いたと話題を振りました。

イヴはそんなことはしないから安心してと言いますが、イヴの専属騎士と言う理由でミカエルにちょっかいをかけてくる皇族がいることが問題です。

 

避けられない場合はどうするのかと聞かれたイヴは、勝つだけだと答えます。

他の人には絶対に渡さないと言い微笑むイヴを見たミカエルは、改めて刻印されたことを感じ、なぜか温かい気持ちになりました。

事件の香り

ある日孤児院での手伝いという功績活動を終えたイヴは、想ったよりも重労働だったと驚きます。

それでもミカエルは子供たちのことを天使のようだったと言い、イヴもミカエルの面倒見の良さを褒めました。

直帰するのは勿体ないと言い、お祭りに寄って行かないかと誘います。

 

初めて見るお祭りの様子に表情を輝かせたミカエルに、任務が終わったのだからイヴと呼んでほしいとお願いしてみました。

照れながらもイヴと呟いたミカエルの声を聞いたイヴは、前世のミカエルを思い出して一瞬固まります。

固まった空気をごまかすように、ふたりは一緒に様々な出店を楽しみました。

 

舞台のようなところで、ペガサス座の実力歌手のリサイタルが始まろうとしています。

イヴが行ってみようと近づいたとき、奥から言い争う声が聞こえ、飛び出してきた女性にぶつかってしまいました。

皇女、反逆者に刻印する29話感想

イライザの謎の行動に警戒するイヴ。

2人はお互いを守り、誰にも渡さないことを心に決めます!

 

イライザはプレイボーイですね!

さすがブリジッテの専属騎士ともあり、人懐こくて距離が近く、夜の世話もうまい、どう考えてもモテる人物です。

堅物のミカエルの方が個人的には好みですが、こういう男には注意が必要だと思います!

 

ミカエルを他の人には渡さないと微笑むイヴの中には、未来を買えたいと言う気持ち以上のものがあるように感じました。

ミカエルからイヴへの気持ちだけでなく、イヴもミカエルを想っているのかもしれませんね。

2人のやり取りから愛情を感じて、読んでいてほっこりします!

 

お祭りを楽しむ2人ですが、なにやら事件の匂いです。

ぶつかってきた女性は何に巻き込まれていたのでしょうか。

未来を知っているイヴなら、もしかしたらうまく対処し、また株を上げることが出来るかもしれません!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ29話最新話と感想!初めてのお祭りまとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」29話のネタバレと感想を紹介しました!

急にある女性とぶつかったイヴ。

にぎやかなお祭りの裏で何が起こっているのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!