ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第5話最新話と感想!エルハドールとの取引

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第5話のネタバレと感想をまとめてみました!

エルの為に、彼がもらうべき権利は全て手に入れようと計画するレイナ。

彼女はエドハールとある取引をします。

「ガラスの温室の公爵夫人」第5話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第5話最新話と感想!エルハドールとの取引

二大巨頭の結びつき

「ソルシエ帝国」は大陸で最も広大な為、他国と比べ領地を持つ貴族が多く存在しました。

しかし、その中で公爵の位を持つ家門は、「火の戦車・ヴィノシュト」と「氷の塔・ヒスビリアン」の2つだけでした。

レイナとエドハールの結婚は、2つの家門を結びつけるものだったのです。

エルとの未来の為に

ある日、自室で本を読んでいたレイナ。

離婚の2文字が脳裏に浮かびましたが、エルの為にとぐっと堪えます。

エルがもらうべき権利は全て手にしようと考えていたのです。

 

自分自身とエルの未来の為に。

まずはあの人を領地に呼び戻そうと考えます。

 

レイナの思惑通り、予定より早く帰って来たエドハール。

彼女の妊娠を聞き駆け付けたのです。

執事から出迎えるように言われた彼女は、体調が優れないからと断ります。

エルハドールとの取引

しばらくして、レイナはある部屋の前に立っています。

そこは前世でエルと引き離された場所です。

ここには二度と来たくありませんでしたが、今度こそエルを守りたいと強く願うと意を決して扉を開けました。

 

そこはエドハールの執務室でした。

用件を聞く彼に、取引したいと言うレイナ。

もしあなたが愛人を招き入れたとしても、お腹の子にヒスビリアンの後継者としての権利を与えてくれと訴えます。

 

何か見返りがあるのかと聞くエドハール。

今まで離縁しなかったのは財産目当てだろうと考えた彼女は、見返りに自分が持つ鉱山を渡すと。

そして生きている限り、公式の場以外ではあなたとはできるだけ関わりたくないと伝えます。

 

エドハールはしばらく考えると、契約書を作ろうと提案しました。

全て自分の思惑通りだと喜びながらも、ふらついてしまったレイナ。

大丈夫だと言い部屋を出て行こうとしましたが、エドハールに制止されます。

 

彼は執事に付き添うよう命令すると、医者を呼ぶよう指示しました。

拒否するレイナに、お腹の後継者の為だから言う通りにしてくれと訴えます。

 

執務室を後にしたレイナ。

契約書を握りしめながら、前世の過ちは繰り返さないと誓うのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第5話感想

エルが受け取るべき権利は全てもらおうとするレイナ。

前世でエルを奪われた場所は、エルハドールの執務室だったのですね。

あんな辛い事があったなら扉の前に立つだけで震えそうですが、レイナはよく頑張りました!

 

前世でのエドハールには、レイナ以外に女性の陰がありましたね。

あの毎晩見る悪夢に出ていた女性が愛人でしょうか。

それともエドハールの元婚約者…?

 

もしこれから先、彼に愛人が出来たとしても、正妻との子であるエルが後継者になるのは当然の事。

きちんとした契約書を作成できてよかったです!

 

前世では自分の意見も言えないような弱い女性でしたが、生まれ変わった彼女は違います。

愛する我が子の為に、二度と同じ過ちを繰り返さないと誓うレイナは強いですね!

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第5話最新話と感想!エルハドールとの取引まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」5話のネタバレ、感想をご紹介しました。

愛するエルの為に何か行動を起こしたいと考えるレイナ。

エルが将来後継者になれるよう、エドハールと取引をするのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人のネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!