皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ31話最新話と感想!初めての友達

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」31話のネタバレと感想をまとめてみました!

リモーナに身分を明かさなかったイヴ。

初めてできた友達に胸が躍ります。

皇女、反逆者に刻印する31話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ31話最新話と感想!初めての友達

念願の友達

皇宮へ戻る馬車の仲、イヴはリモーナと関わったことはできるだけ秘密にしておいた方が良いのだろうと考えます。

座長に大金を渡し署名したときも、このことは他言しないようきつく言っておきました。

ずっと隠し通せるものではありませんが、平民が皇族と関わったことが広まるのはあまり良くありません。

 

どこか嬉しそうなイヴを見たミカエルは、ため口を許す存在が増えたと言います。

ミカエルに許したから慣れてしまったと照れるイヴに、こういうのを平民たちの付き合い、要するに友達と言うのだろうと返します。

イヴはその言葉に驚きつつ、リモーナに身分を明かさなかったのは、また友達のように接してほしいという気持ちがあったからだと気が付きました。

 

人生で初めてできた友達に、イヴは頬を赤らめます。

ミカエルにも友達がいるのかと聞きますが、さあなと誤魔化されてしまいました。

この関係は友達か

自室に戻ったミカエルは、既にミラード卿が戻っていることに驚きます。

ミラード卿の胸には赤い跡がいくつも残っており、帝国の白薔薇も所詮は皇族だと呟きました。

第七皇女もそういうことを要求してくるのかと聞きますが、ミカエルは口を慎めと一言で返します。

 

不快そうな返答に驚いたミラード卿は、悲しそうな表情を浮かべてすまないと謝ります。

相当疲れている様子のミラード卿に、明日は剣の手合わせをしようと言い、もう寝た方が良いとカーテンを閉めてあげました。

眠るミラード卿を見ながら、ホムンクルスは仲間との連帯感は不要だと教育されてきたことを思い出します。

ブリジッテの怒り

翌日会議に出席しているイヴは、リミテージョ侯爵に褒められていました。

こんなに聡明だったとはという言葉に、父は嬉しそうにうなずき、開拓地区の移住案もイヴの初安打と誇らしげに言います。

てっきりブリジッテの提案だと思っていたリミテージョ侯爵や他の人々は驚きざわめきます。

 

今後は会議で発言したことは記録され、高官達に伝えられることになるので、ブリジッテに手柄を横取りされることはありません。

ご機嫌なイヴですが、別の会議に出席したブリジッテは怒りに震えていました。

会議中にイヴが発案者だということをばらされ、会議の参加者たちが面目丸つぶれだと囁く声を耳にしたのです。

 

怒りに任せて薔薇をハサミで切り、香水漬けにするブリジッテは、よくも自分に恥をかかせたと震えます。

政治に関わったことを後悔させてやると、薔薇を握りつぶして呟くのでした。

皇女、反逆者に刻印する31話感想

友達が出来て、政治にも参加を始めた順調なイヴ。

ブリジッテはそれを快く思いません。

 

イヴには初めての友達が出来ましたね!

幼いころの本で読んだだけの存在だったみたいなので、転生して友達が作れたことは良かったです!

今後リモーナの支援をしながら、友達としても仲良くしていけるといいですね!

 

ロジーの夜の世話に疲れ切っているミラード卿を見て、夜の世話とはそんなにハードなのかと驚きました。

ミカエルはミラード卿に友情に近い何かを感じているようです。

イヴについて聞かれるのをひどく嫌がるミカエルですが、少しずつ二人も友達として絆を深めて行ければいいなと思います!

 

イヴはとうとうブリジッテを怒らせてしまったようですね。

人の案を横取りしようとしたブリジッテが悪いにも関わらず、その怒り方は恐ろしいくらいでした。

どんな仕返しが待っているのか、想像するだけで震えます!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ31話最新話と感想!初めての友達まとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」31話のネタバレと感想を紹介しました!

ブリジッテの怒りに触れてしまったイヴ。

何を仕掛けてくるのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!