皇女、反逆者に刻印する

皇女、反逆者に刻印するネタバレ32話最新話と感想!連れていかれたミカエル

「ピッコマ」連載漫画の「皇女、反逆者に刻印する」32話のネタバレと感想をまとめてみました!

皇女のティータイムに参加するイヴ。

気が進まない理由には、ミカエルへの心配もありました。

皇女、反逆者に刻印する32話のネタバレと感想を紹介します!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

皇女、反逆者に刻印するネタバレ32話最新話と感想!連れていかれたミカエル

皇女のティータイム

朝の挨拶に伺ったミカエルは、いつもよりもドレスアップしたイヴに惚れ惚れします。

外出まで皆でお茶をしようと言われ、ミカエルも席に着きました。

楽しそうなイヴに見蕩れつつ、なんの予定があるのかと聞くと、ハーデルラミドで最も高貴な女性が集まるティーパーティーがあるのだと返されます。

 

皇女のティータイムは成人した皇女たちが集まり、外では言えない話を心ゆくまで楽しむ時間です。

表向きは政治的な議論とされていますが、主な話題は専属騎士についてでした。

ブリジッテやロジーの前で卑猥な質問を受ける可能性もあり、イヴは考えただけで疲れを感じます。

不穏な空気

専属騎士は同席できないきまりとなっている為、召使いのヒューがミカエルに伝え損ねていました。

コロッソアリーナにいるので何かあれば呼んでくださいと微笑み、部屋を出ていきます。

 

いつも通りのミカエルでしたが、イヴは何故かその言葉に重みを感じました。

移住政策の件で怒っているだろうブリジッテが、いつ何かをしかけてくるかもわかりません。

ヒューを呼び付け、ミカエルになにか起こればすぐに伝えるよう指示します。

ホムンクルスの共闘

ミカエルはイヴと別れたあと、コロッソアリーナで稽古を見学していました。

周りが見えておらず、ぶつかりながら稽古するホムンクルスたちをみて、腕は良いのにと溜息をつきます。

難しい顔をして立っているミカエルに、ミラード卿が何を考えているのかと声をかけてきました。

 

ミカエルは、魔晶石の採掘のために駆り出されるホムンクルスたちが、協力して任務を行えないかと考えていました。

魔晶石は魔龍の体と周辺物質が結晶化したものであり、採掘量が減ってきたため、そろそろ魔龍の討伐をしなくてはなりません。

共闘することが出来ないホムンクルスたちは、過去でも多くの命を失っていました。

 

ミラード卿は意外そうな表情を浮かべ、ミカエルが他人を気遣う人だとは思わなかったと言います。

ミラード卿が離れると、見知らぬホムンクルスが皇族が呼んでいると声をかけてきました。

イヴのいない日を狙って呼び出されたことは偶然とは思えず、怪しみながらもミカエルはついて行きます。

皇女、反逆者に刻印する32話感想

イヴは皇女のティータイムに参加します。

その隙をつかれ、ミカエルが何者かに連れていかれてしまいました。

 

イヴは専属騎士がいなかったので、きっと初めての皇女のティータイムでしょう!

仲良くもない人々と下世話な話をするなんて、想像するだけで疲れてしまいます。

マウントの取り合いもするだろうこのティータイムが、なんとか穏やかに終わるといいですね!

 

ミカエルはさすが元ホムンクルスの王だっただけあり、ホムンクルスたちの共闘について考えていました。

他のホムンクルスには思いもつかない発想なのでしょう。

こうやって少しずつ考えてホムンクルスたちを従え、反旗を翻したのだろうなという過程が感じられました!

 

そんなミカエルは誰かに呼ばれてどこかへ連れていかれます。

ブリジッテの引き金か、ロジーの引き金かわかりませんが、不穏なことは確かです。

いったいどんな仕返しが待ち受けているのか、抵抗できないミカエルが無事に戻って来れるのか心配です!

皇女、反逆者に刻印するネタバレ32話最新話と感想!連れていかれたミカエルまとめ

今回は、「皇女、反逆者に刻印する」32話のネタバレと感想を紹介しました!

呼び出されたミカエル。

いったいなにが待ち受けているのか、今後の展開が気になります!

⇒皇女、反逆者に刻印するネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!