悪女の定義

悪女の定義ネタバレ131話最新話と感想!優雅な皇妃たち

「ピッコマ」連載漫画の「悪女の定義」131話のネタバレと感想をまとめてみました!

罪が決まった皇后。

立場が確定してきた芙美の元に、皇妃たちが訪れます。

悪女の定義131話のネタバレと感想を紹介します!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

悪女の定義ネタバレ131話最新話と感想!優雅な皇妃たち

皇后は終身刑

皇后宮を調査した結果、皇后が殺人教唆を行ったことは間違いないという結論が出ました。

皇帝はその罪を償わせるため、皇后からすべての権限をはく奪し、内宮北側のボレアス塔へ幽閉することを命じます。

ボレアス塔に幽閉された人が生きて出てきたことはなく、皇后は残りの一生を塔の中で罪過ごすことになったようなものです。

 

芙美にとってはなんとなく予想できていた結末ですが、敵がいなくなったことを手放しで喜べるわけではありません。

皇太子にとっては実の母であり、自分の存在が彼女に罪を犯させてしまったとも考えられます。

それでも以前からの罪もあるため、全てを償うことになっただけだとして、深く考えることはやめました。

皇妃たちとの対面

皇后がいなくなってから、忙しくも穏やかな日々を過ごしていると、ある日皇妃たちが訪ねてきます。

優雅な雰囲気の三名の皇妃たちは、成婚は時間の問題だとして、芙美のことをロイヤルレジーナと呼び微笑みます。

どんな人かと緊張していましたが、思ったよりも友好的な三人は、変わってはいますが良い人たちそうでした。

 

和気あいあいと話しが進むのを見ていた芙美は、ソリナ皇妃が中心人物であることに気が付きます。

レジーナ出身の皇妃であり、他のふたりは皇后がソリナ皇妃を牽制するために手を回した皇妃です。

それでも三人の間にはピリピリした空気は全くなく、芙美にはそれが不思議でした。

 

考えるような顔をしていると、ソリナ皇妃がそれに気が付き、面白い話をしようと微笑みます。

皇太子ととても仲が良いと聞いたと言われ、興奮する三人からの質問攻めが始まりました。

ついていけない芙美ですが、ソリナ皇妃が珍しいことだと言うのを聞いて、三人の仲が良い理由は誰も皇帝を愛していないからだと気が付きます。

他に女性を作ること

彼女たちの器の大きさや、皇后という共通の敵がいることも確かですが、恋愛関係のいざこざがないことは大きな理由です。

皇室で結婚する二人が互いに愛し合っていることの方が珍しく、この世界の常識では、いずれ皇太子も愛していない皇妃を迎える可能性がありました。

 

芙美がそんな未来を想像し不安な気持ちになったとき、皇太子が部屋を訪れます。

もう会いたくなったのかと冷やかす皇妃たちの言葉に、皇太子はその通りだと頷き、芙美の額に口づけました。

皇太子の訪問により解散になったお茶会の後、ふたりは外へ散歩に出ました。

 

いつものように皇太子がキスをしようとするのを、芙美は気分ではないと嫌がります。

そんな二人を見て嫌がっているようだと声をかけてきたのは、怖い表情を浮かべたカイラードでした。

悪女の定義131話感想

皇后の罪が正式に決まり、皇后は一生塔の中で過ごすことになりました!

芙美は初めて皇妃たちとかかわりを持ちます。

 

皇后は牢のような場所から、本物の罪人が幽閉される場所へ閉じ込められてしまいましたね!

すぐに命を奪われないのは皇族だからでしょうが、いっそそちらの方が良いのではと思うくらい、塔での終身刑はつらそうです。

 

唯一のレジーナで次期皇后の芙美は、皇宮の中でも上の立ち位置になってきましたね。

穏やかな皇妃たちが訪ねてきてくれたのも、本格的に皇后になる準備のようなものでしょうか。

皇宮で暮らしてきたとは思えない三人との関係は、これからの芙美にとって心強いものになるでしょう!

 

芙美はずっと皇太子が他の女性を持つことを嫌がっていますね。

芙美がそれを受け入れられるまで、皇太子が皇妃を取らないでいてくれるといいなと思います!

悪女の定義ネタバレ131話最新話と感想!優雅な皇妃たちまとめ

今回は、「悪女の定義」131話のネタバレと感想を紹介しました!

大事だと誤解し怒っているカイラード。

カイラードとの関係もはっきりさせなくてはならず、今後の展開が気になります!

⇒悪女の定義ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!