ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第13話最新話と感想!エルの命名式

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第13話のネタバレと感想をまとめてみました!

エルの命名式に参加する事になったレイナ。

儀式は無事終わりますが、ある騒動が起こります。

「ガラスの温室の公爵夫人」第13話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第13話最新話と感想!エルの命名式

エルの命名式

ソルシエ帝国では、子供が生後50日を迎えると命を失う心配がないとみなされ、命名式が行われます。

そして無事生後50日を迎えたエルの命名式が執り行われる事に。

 

前世では、自分の悪評がエルに影響をもたらすのを恐れ、命名式に参加できなかったレイナ。

生まれ変わった今は、前世でできなかった事を全て成し遂げる為に命名式への参加を決意します。

一番大切な物

命名式の最中、エルが能力を使わないか心配するレイナ。

その時、エドハールが話しかけてきました。

エルは君に似ていると。

 

彼の態度に戸惑いながらも、エルはあなたに似ていると答えるレイナ。

一方エドハールも、額や耳たぶはレイナ似だと引きません。

そしてもうすぐある事件が起きると呟くエドハール。

 

レイナとエルに危険は及ばないから、そのまま席にいてと言います。

レイナが何の事かと聞こうとしたその時、鐘の合図と共に命名式が始まりました。

エルを胸に抱き、レイナに手を差し出すエドハール。

 

レイナはその手を取り、命名の儀式へと向かいました。

儀式の最中、命の始まりを認めるかと聞かれたレイナ。

ふと前世を思い出してしまい、震えが止まらなくなってしまいます。

 

震える彼女の手を握り、認めると答えるエドハール。

我に返ったレイナも認めると答えます。

エドハールに背中を押され、自分にとって一番大切なのはエルだと思い出すのでした。

騒動の始まり

命名の儀式が終わり、席に着いたレイナはエドハールにお礼を伝えます。

そして前世では引き離されていたとはいえ、自分がエルについて何も知らない事に気付きました。

レイナがエドハールの方を見たその時。

 

突然女性の叫び声が聞こえ、城内は大騒ぎに。

エドハールはまるでこうなる事を予想していたかのように、始まったかと呟きます。

 

叫び声をあげたその女性の姿に見覚えがあるレイナ。

彼女は、モニカ・エスバットだったのです。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第13話感想

エルの命名式に参加する事になったレイナ。

前世では不参加だったようですが、今回は無事参加できてよかったです!

前世とはうって変わって柔軟な態度を見せるエドハール。

 

命名の儀式の最中も、震えるレイナの手を握ってみたり…。

まるで今の彼はレイナに好意を持っているように見えます。

前世ではあれだけ冷たく当たっていたのに不思議です。

 

どんな心境の変化でしょうか。

彼の言葉通り、女性の悲鳴を合図にある騒動が起こります。

レイナはこの女性、モニカに見覚えがある様子。

 

モニカは、レイナがうなされていた悪夢でエルを連れていた女性に似ている気がします。

彼女は一体何者なのでしょうか…?

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第13話最新話と感想!エルの命名式まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」13話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エルの命名式に参加したレイナは、無事命名の儀式を終えます。

その後、突然悲鳴をあげた女性を見たレイナは激しく動揺するのでした。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!