ガラスの温室の公爵夫人

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第14話最新話と感想!事件の犯人

スポンサーリンク

「ピッコマ」連載漫画の「ガラスの温室の公爵夫人」第14話のネタバレと感想をまとめてみました!

モニカを見て激しく動揺するレイナ。

エドハールとモニカの関係とは…?

「ガラスの温室の公爵夫人」第14話のネタバレと感想を紹介します!

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第14話最新話と感想!事件の犯人

レイナの決意

モニカ・エスバット。

彼女は前世でレイナからエルを奪った人物です。

レイナは気持ちを強く持とうとしますが、どうしても怯んでしまいます。

 

そんなレイナを叱責するエドハール。

今逃げ出せばずっと逃げる事になるが、それでもいいのかと。

レイナに心の傷を与えたのは、他でもない彼自身です。

 

あなたに何が分かるのかと反論するレイナ。

それはお互い様だろうと言う彼を無視し、エルを守る事だけ考えようと決心するのでした。

エドハールとモニカの関係

モニカの元へ向かったレイナ。

バルコニーの入り口で3羽の鳥が無残にも命を奪われているのを見つけます。

その形はまるでヒスビリアンとヴィノシュトを現しているようです。

 

息子の命名式でこんな事をするとはと憤るエドハール。

招待客たちも彼の意見に賛同し、犯人を見つけるよう声を荒げます。

エドハールは、モニカから話を聞こうと声を掛けました。

 

微笑みながら、思わず彼の名前を呼んでしまったモニカ。

招待客たちは、二人は以前婚約していたのだから間違えても仕方ないと話しています。

しかし、エドハールは動揺する事もなく、自分の名前を呼んでいいのは皇帝と妻だけだと言い放ちました。

事件の犯人

失言だったと謝罪するモニカに、二度と無礼な事はするなと念押ししたエドハール。

彼女が見たものを話すよう指示しました。

 

頭痛が酷く、バルコニーに出ようとしたモニカ。

カーテンを開けると既にあの状況で、犯人は見ていないのだと言います。

エドハールはレイナに声を掛けると、精霊の力で真相を明らかにしようと提案しました。

 

精霊の力があれば状況を再現できるはずだと言うロンパーニュ伯爵。

司法部の首長であるメルティオ侯爵もよく用いる方法だと言います。

これは自分の立場を確立するチャンスだと感じたレイナは、この提案を受け入れる事にしました。

 

ウンディーネを呼び出したレイナ。

彼女もまたレイナの力になる事を承諾します。

状況を再現するウンディーネ。

 

そこには床に何かを注ぐ男性の姿がありました。

その姿を見たひとりの招待客が、葡萄酒を運んだ使用人だと言い放つのでした。

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第14話感想

モニカを見て激しく動揺するレイナ。

彼女はやはり前世でレイナからエルを奪った人物でしたね!

エドハールの元婚約者との事。

 

エドハールを奪われた腹いせにレイナからエルを引き離したのでしょうか。

元婚約者を命名式に呼ぶのもどうかと思いますが…。

エドハールの事を親密に名前で呼ぼうとしましたが、見事に拒絶されましたね!

 

前世での冷たい彼とは違って、今の彼はレイナの味方のよう。

まるでエドハールも前世の記憶があるかのように見えますが、実際はどうなのでしょうか。

 

命を奪われた3羽の鳥をヒスビリアンとヴィノシュトの象徴のように並べるなんて悪趣味ですね。

エドハールとの関係を考えると、モニカの仕業かと思いましたが、犯人は別の人だったし…。

この事件にはまだ秘密がありそうですね!

ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ第14話最新話と感想!事件の犯人まとめ

今回は漫画「ガラスの温室の公爵夫人」14話のネタバレ、感想をご紹介しました。

エルを守る為、モニカに立ち向かう決意をしたレイナ。

ウンディーネが状況を再現すると、葡萄酒を運んだ使用人の犯行が映し出されたのです。

⇒ガラスの温室の公爵夫人ネタバレ一覧へ

スポンサーリンク

error: Content is protected !!